中2理科「磁界に関する定期テスト過去問分析問題」

スポンサーリンク

磁界の定期テスト過去問分析問題

磁界の変化によって流れる電流について調べる実験を行いました。以下は、その実験と手順の結果の一部です。

<手順>

  1. 棒磁石、コイル、検流計、導線を準備した。
  2. 検流計に接続したコイルを固定して、コイルの上方にS極を下向きにした棒磁石を配置した。
  3. コイルを固定したまま、棒磁石のS極をすばやくコイルに近づけた。

<結果>
手順3で、検流計の針が+端子側に振れたことから、コイルに電流が流れたことがわかりました。

問1 磁界の向き

棒磁石によるコイルの内部の磁界の向きや、導線に流れた電流による磁界の向きについて、まとめた内容です。次の文章の(   )のうち、適当なものを選べ。

手順2のとき、コイルの内部には棒磁石には、( 上向き / 下向き )の磁界ができています。また、手順3で棒磁石のS極をコイルに近づけてコイルに電流が流れたとき、コイルをつくる導線に流れる電流によってできる磁界の向きは、電流の流れる電流に向きに向かって、( 時計回り / 反時計回り )の同心円状である。

問2 現象

手順3で、棒磁石のS極をコイルに近づけたときにおこった、コイルに電圧が生じて、コイルに電流が流れる現象を何というか。

問3 器具

手順3で起こった現象を利用している器具として適切なものを次の1~4から1つ選べ。

  1. スピーカー
  2. 豆電球
  3. マイク
  4. 電熱線

問4 検流計

実験のあと、コイルを固定したまま、棒磁石の動きをいろいろと変えて、そのつど検流計の針の振れ方を調べました。このとき、検流計の針が実験と同じ+端子に振れたのは、実験以外に棒磁石をどのように動かした場合か。そのうち1つを簡潔に答えよ。

磁界の定期テスト過去問分析問題の解答

問1 上向き、時計回り
問2 電磁誘導
問3 マイク
問4 N極を上にした棒磁石を、コイルの下方からコイルに近づける。

コメント

テキストのコピーはできません。