中1理科「地震の学習ポイント」

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「地震(ゆれ・波)」のまとめです。地震については、地震計の記録と地震波の伝わる距離-時間グラフをもとに地震波の速さを求める問題が多いです。また、震度とマグニチュードについての出題は少ないですが、知識としておさえておきましょう。それでは、中1理科の「地震(ゆれ・波)」のまとめです。

地震

地震は、地殻の変動のなかでも非常に急激におこる現象である。わが国は地震の非常に多い地域にはいっているため、しばしば地震がおこり、ときには、大地震にみまわれ て大きな被害を受ける。

スポンサーリンク

震度

震度は、ゆれの程度。マグニチュードは、規模であることをおさえましょう。

  • 地震…地表付近で起こった地殻変動による振動が波となって伝わる現象。
  • 地震計…振り子の性質を利用して、地震のゆれを自動的に記録する装置(記録用のペンと円筒ドラムなどからなる。)地面がゆれても動かない不動点にペンをとりつける。
  • 震度…土地のゆれの大きさ。人体での感じ方や物の動きなどから決める。震度階級は10段階。
  • マグニチュード…地震そのものの大きさ、規模。規模の記号はM。Mが1大きくなるとエネルギーの量は約32倍。

地震の発生場所とゆれ方

地震の振動が波になって伝わっていく。

<地震の発生場所>

  • 震源…地下で地震が発生した場所。観測地点と震源の距離を震源距離という。
  • 震央…震源の真上の地表面上の地点。震央と震源の間の距離。震源の深さ。

<地震のゆれ方>

  • 初期微動…はじめの小さなゆれ(地震波のP波による。)
  • 主要動…初期微動に続く大きなゆれ。(地震波のS波による。)
  • P波…たて波。固体中や液体中を6~8km/sの速さで伝わる波。
  • S波…横波。固体中を3~5km/sの速さで伝わる波。
  • 等発震時曲線…ゆれはじめた時刻が等しい地点を結んだときにできる曲線。中心付近が震央。

    <地震波の速さ>

    • 初期微動の伝わる速さ…P波の速さ。
    • 主要動の伝わる速さ…S波の速さ。
    • 初期微動継続時間…初期微動が続いている時間。震源距離に比例する。

    等発震時曲線

    地震でゆれはじめた時刻(発震時)が同じ地点を線で結ぶと、地震のおこった真上の地点(震央)を中心にした。同心円状の線ができる。これを曲線という。地震の波が震央を中心にして周囲に伝わっていくことがわかる。

    地震の波の性質

    伝わり方
    地震のゆれ(波)を地震計で記録したものである。これを地震記録という。地震のときは、ふつう小さなゆれが続き、つぎに大きなゆれがきて、しだいに小さくなって消えていく。実際に地震を経験した場合も、はじめガタガタと小さなゆれがあり、その後にユサユサと大きくゆれることがわかる。はじめの小さなゆれを初期微動、あとの大きなゆれを主要動という。

    初期微動

    地震の波は、速さのちがう2種頼の波となって伝わっていく。速い波は縦波(疎密波)で、初期微動はこの波のゆれである。この波をP(Primary「初期の」の頭文字)という。

    地震のおこった場所やその近くの地表では、速い波とおそい波はほとんど同時にとどくが、距離が大きくなるほど速い波とおそい波のとどく時間に差ができ、初期微動の続く時間(初期微動継続時間)が長くなる。P波が伝わる速さは地表近くでは、6~8km/sでのゆれはじめた時刻は、P波がとどいたときである。

    主要動

    初期微動に続く大きなゆれで、おそい波がとどいてからのゆれである。おそい波は横渡で、S波 (Secondary「2次的な」の頭文字)という。S波が伝わる速さは、だいたい3~5km/sである。

    初期微動継続時間

    震源距離は、初期微動継続時間に比例。

    地震波の速さ

    • 初期微動の伝わる速さ…P波の速さ。
    • 主要動の伝わる速さ…S波の速さ。
    • 初期微動継続時間…初期微動が続いている時間。震源距離に比例する。

    震源距離を求める式

    • 比例定数をk(=7~8)とすると、
    • 震源距離(km)=k×初期微動継続時間(s)

    プレート

    世界の地震帯…環太平洋地震帯、地中海-ヒマラヤ地震帯など。

    <日本の地震の分布>

    • 震央の分布…関東、東北、北海道の太平洋側に目立って多い。
    • 震源の分布…日本海側に分布するものほど震源が深くなる。

    地震の原因は、プレートの動きで説明されている。

    • 海溝…海底にある大きな溝。大陸プレートの下に、海洋プレートが沈み込んでいる場所。
    • 海嶺…海底にある大きな山脈。海洋プレートがうまれる場所です。
    • プレート…地球の表面をおおう70~100kmある固い岩盤。プレートは、海嶺で生まれ、海溝に沈み込んでいる。
    • 大陸プレート…ユーラシアプレートと北アメリカプレート
    • 海洋プレート…太平洋プレートとフィリピン海プレート
    • 日本付近のプレート…日本付近には弧状列島が並び、それにそうようにプレートとプレートの境と海溝がある。

    地震の練習問題

    【問1】次の問いに答えよ。ただし、(    )には適語を入れよ。

    1. 震度は、地震による土地のゆれの大きさで、(    )段階で表される。
    2. (    )は、地震そのものの大小を表す値である。
    3. 地下の地震の発生した場所を何というか。
    4. 震源の真上にある、地上の地点を何というか。
    5. 震源からの距離を何というか。
    6. 地震のゆれのうち、はじめの小さなゆれを何というか。
    7. 地震のゆれのうち、後からくる大きなゆれを何というか。
    8. Pの波とSの波の到着時間の差を何というか。
    9. 初期微動継続時間は震源距離が長くなるほど、どうなるか?
    10. 初期微動継続時間と震源距離にはどんな関係があるか。
    11. マグニチュードが1大きくなると、地震のエネルギーは約何倍になりますか。
    12. 一般に、マグニチュードが大きいほど、震度はどうなるか。
    13. 日本付近で震央の分布が多いのは、太平洋側と日本海側のどちらか。
    14. 日本付近で震源が深いのは、太平洋側と日本海側のどちらか。
    15. 地震の主な原因は、何のひずみですか。
    16. 大きな力によって地層に割れ目が生じ、ずれている現象を何というか。
    17. 断層のずれている地層の境界面を何というか。
    18. これからも地震を起こす可能性がある断層を何というか。
    19. 大きな力によって、地層が波打っている現象を何というか。
    20. 地球の表面をおおう、移動する岩石の層を何というか。

    【問2】下の図(模型図)は、日本の東北地方付近におけるプレートのようすです。

    日本付近におけるプレートの模型図

    日本付近におけるプレート

    日本の付近では、4枚のプレートのうちの2枚が接していて、その境目で大きな地震が起きると考えられています。次の問いに答え差ない。

    (1)大陸プレートの名称を具体的に答えると次の1~4から1つ選べ

    1.シベリアプレート 2.太平洋プレート 3.北アメリカプレート 4.フィリピン海プレート

    (2)模型図の大陸プレートと海洋プレートの境目で発生する地震における震源の深さには、どのような特徴があると考えられるか。「東側から」という書き出しで、簡潔に書け。

    (3)下の文中(緑の部分)の(   )に、適切な内容を簡潔に書け。

    海洋プレートは、海嶺とよばれる海底の大山脈でつくられたあと、少しずつ広がっている。海洋プレートが大陸プレートにぶつかると。海洋プレートは、大陸プレートの(     )ため、その境界には、海溝と呼ばれる。

    (4)日本列島の真下で活断層が動いて起こる地震は、プレートの境目で起こる地震に比べてマグニチュードは小さいが、被害が大きくなることがあるのは、なぜか。震源からの距離に着目して、その理由を簡潔に書け。

    解答

    【問1】

    1. 10
    2. マグニチュード
    3. 震源
    4. 震央
    5. 震源距離
    6. 初期微動
    7. 主要動
    8. 初期微動継続時間
    9. 長くなる
    10. 比例
    11. 約30倍(32倍)
    12. 大きい
    13. 太平洋側
    14. 日本海側
    15. プレート
    16. 断層
    17. 断層面
    18. 活断層
    19. しゅう曲
    20. プレート

    【問2】
    (1)

    日本の4つのプレート

    日本の4つのプレート


    (2)(東側から)西側に向かうにつれて深くなっている。
    (3)下に沈み込んでいる
    (4)震源からの距離が近いので、揺れが大きくなるため。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る