中学地理「日本の交通産業・交通輸送」まとめ

シェアする

スポンサーリンク

「日本の交通」についてのまとめています。本州四国連絡橋、新幹線の開通、港や航空など交通についての出題率も非常に高いです。そのあたりをまとめています。それでは、高校入試対策・社会「日本の交通」についてのまとめです。

日本全体の骨子

1960年代から高速交通網の整備が進む。また、旅客・貨物とも自動車輸送の割合が増加。環境への配慮をすすめる。日本の国内輸送は、1960年代前半ぐらいまでは、旅客輸送・貨物輸送のいずれも鉄道が中心的な役割を担っていた。しかし、その後、航空路・高速道路などの高速交通網の整備が進むと、自家用車の普及もあり、自動車による輸送量が大きくのびた。航空輸送も、旅客・貨物とも輸送量をのばしている。いっぽう、鉄道は地位の低下が著しい。交通の発達は、人や物資の流れを変え、地域の産業や生活に大きな影響をあたえる。しかし、そのいっぽうで問題になるのが、騒音や大気汚染などの環境問題である。そのため関西国際空港や中部国際空港は騒音の心配が少ない海上に建設された。また、自動車では、二酸化炭素の排出が少ない自動車の開発が進められている。そのほか、自動車輸送を途中で、環境への影響の少ない鉄道・船舶輸送に切りかえて輸送するモーダルシフトも導入されつつある。

  • 高速交通網…新幹線、高速道路、航空路が整備される。
  • 新幹線…東北新幹線・九州新幹線などが開通。
  • 高速道路…東京を中心とした放射状に整備される。
  • 航空機…旅客輸送のほか、生鮮食料品、ICなどの輸送。

北海道の交通と観光

過ごしやすい夏に多くの観光客。新千歳空港は、東京国際空港との路線は国内線で利用客最も多い。海外からも多くの観光客が訪れる。知床は、世界自然遺産に登録。豊かな自然・温泉・流氷。
確認中学地理の「北海道地方」のまとめ

東北地方の交通と産業

  • 交通網…山地の合間をぬって新幹線・高速道路がのびる。2010年12月東北新幹線が新青森駅まで延長。
  • 新しい産業…東北自動車道に沿った地域を中心に多くの工業団地。IC、半導体、電子機械工業などが発展。
    確認中学地理の「東北地方」のまとめ

関東地方の交通

世界の窓口…成田国際空港・東京港・横浜港は、日本有数の貿易港。成田国際空港には外国人が多く訪れる。日本の中心の関東地方から全国に向かって高速道路鉄道が放射線状にのび、人や物の移動の中心となっている。
確認中学地理の「関東地方」のまとめ

近畿地方の交通

鉄道…私鉄を中心に沿岸に住宅地、ターミナル駅、百貨店を建設。近畿地方では私鉄が中心となったまちづくりを行う
確認中学地理の「近畿地方」についてのまとめ

中国・四国地方の交通

3つのルートで本州と四国は結ばれる。東西に中国自動車道、南北に3つの本州四国連絡橋、山陽新幹線。人・ものののつながりが深まる。
確認中学地理の「中国・四国地方」のまとめ

九州地方の交通

福岡空港は、アジアの多くの都市と結ばれる。博多駅は山陽新幹線・九州新幹線の起点。
確認中学地理の「九州地方」のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク