高校入試対策社会「日本の果実・農作物ランキングまとめ」

高校入試によく出る「日本の果実・農作物生産量ランキング」まとめです。順位だけでなく、その都道府県の位置まで地図帳で調べ把握しておきましょう。それでは、中学地理の高校入試によく出る「日本の果実・農作物生産量ランキング」まとめです。

スポンサーリンク

日本の果実・農作物生産量ランキング

種類みかんりんごぶどうおうとういちごなし
1位北海道和歌山県青森県山梨県山形県栃木県千葉県静岡県
2位新潟県愛媛県長野県長野県青森県福岡県茨城県鹿児島県
3位秋田県静岡県岩手県山形県 

その他

 

 

熊本県鳥取県三重県
4位福島県熊本県山形県岡山県長崎県福島県宮崎県
5位山形県長崎県秋田県福岡県静岡県栃木県京都府

日本の果実の主な生産量の推移グラフ

日本の果実の生産量推移

日本の果実の生産量推移


みかんが最も日本で生産されている果実だが、近年はその生産量は減少傾向である。

北海道の農業

  • 上川盆地…冬の寒さは厳しいが、夏の高温を利用して稲作がさかんな北海道のほぼ中央にある盆地
  • 十勝平野…機械を用いた大規模な畑作が行われ、じゃがいも、てんさい、豆類などの生産がさかんな北海道南東部の平野
  • 根釧台地…第二次世界大戦後、パイロットファームの建設や新酪農村計画によって酪農地帯となった、北海道東部の大地

山形県の農業

  • 最上川…日本の3大急流の1つとされる、山形県の中央部を南から北に流れる川
  • 山形盆地…果樹栽培がさかんで、なかでもさくらんぼ(おうとう)の全国最大の産地と知られる盆地

長野県の農業

  • 諏訪盆地…かつて製糸業でさかえ、現在は時計・カメラなどの精密機械工業がさかんな長野県を盆地

農業の資料の学習法

日ごろからニュースなどを通して、時事について知識のある人にとっては、常識だけを問われているので、すごく当たり前すぎて簡単です。日ごろニュースなどを見ていない人は、見ることをおすすめしますし、そうでなくとも、表が用意されている問題は、比較して、違いを見出すこと(数字が大きく異なる)で、それが答えのヒントとなります。それを文章にすることで正解になることが多いです。

コメント

テキストのコピーはできません。