▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中1理科「物質の状態変化の練習問題」

スポンサーリンク

物質の状態変化の練習問題

問1 次の表は、いろいろな物質の融点と沸点を示したものである。次の問いに答えなさい。

融点(℃)沸点(℃)
窒素-210-196
エタノール-11578
0100
パルミチン酸63360

(1) 沸点とは、物質の状態が何から何に変化する温度か答えよ。
(2) 融点と沸点の間の温度であるとき、物質は固体、液体、気体のどの状態になっているか答えよ。
(3) 20°Cで気体になっている物質はどれか。表から1つ選びなさい。

問2 次の問いに答えよ。

(1)水のように、形は自由に変化し、体積はほとんど変化しない物質の状態を何というか。
(2)氷のように、形も体積もほとんど変化しない物質の状態を何というか。
(3)水蒸気のように、形も体積も自由に変化する物質の状態を何というか。
(4)氷・水・水蒸気のように、温度変化によって物質の状態が変わることを何というか。
(5)固体が液体になることを何というか。
(6)液体が固体になることを何というか。
(7)液体が気体になることを何というか。
(8)気体が液体になることを何というか。
(9)固体が気体になることを何というか。
(10)気体が固体になることを何というか。
(11)状態変化では、体積は変化するか、しないか。
(12)状態変化では、質量は変化するか、しないか。
(13)固体が液体になる温度を何というか。
(14)液体が気体になる温度を何というか。
(15)一般に融点や沸点が一定なのは、混合物か、純粋な物質のどちらか。
(16)液体が加熱されて、液体の内部からもさかんに泡が出ている現象を何というか。
(17)液体が、表面から気体になる現象を何というか。
(18)液体を加熱して沸点をはかる実験のときに、沸騰石を入れるのはなぜか。
(19)混合物の液体を熱して気体にし、出てきた気体を冷やして純粋な液体を得る操作を何というか。
(20)水の融点は何度か。

物質の状態変化の練習問題解答

問1
(1)液体から気体

融点は固体が液体、沸点は液体が気体に変化する温度である。

(2)液体

融点よりも温度が低いときは固体、融点と沸点の間の温度のときは液体、沸点よりも温度が高いときは気体になる。

(3)窒素

問2
(1)液体
(2)固体
(3)気体
(4)状態変化
(5)融解
(6)凝固
(7)気化
(8)液化(凝結)
(9)昇華
(10)昇華
(11)変化する
(12)変化しない
(13)融点
(14)沸点
(15)純粋な物質
(16)沸騰
(17)蒸発
(18)液体が急に沸騰するのを防ぐため
(19)蒸留
(20)0℃

確認中1理科「物質の状態変化のポイント」

コメント