中学地理「日本の資源エネルギーの過去問分析問題」

中学地理「日本の資源エネルギーの過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

日本の資源エネルギーの過去問分析問題

次の文章は「日本のエネルギーの変化」についてである。ア~クの(  )に適する語句を入れなさい。

近年、工業や機械の発達により、日本の使用電力は年々増加する傾向にある。もともと日本は( ア )発電がメインであったが,電力が足りず( イ )発電がメインとなった。( イ )発電は石油や石炭といった( ウ )が欠かせない。しかし、( ウ )には限りがあり、いずれ無くなってしまう可能性が高い。

また、( イ )発電は二酸化炭素を大量に排出するので( エ )が進んでしまう。そこで発見されたのがウランの核分裂によって発電する( オ )発電だ。( イ )発電よりも効率が良く、ウランはほぼ無限である。

また、二酸化炭素も排出しないので環境にやさしい。しかし、問題点は東日本大震災で浮きぼりとなった。事故が起きたとき放射能が放たれるため、危険性が非常に高い。そこで、近年注目されているのが風の力を使った( カ )発電や火山の熱を使った( キ )発電のような( ク )である。( ク )は枯渇性(無くなる可能性)が無く、地球にも優しい。問題点は施設を作るコストが高いことと、発電の効率が低いことである。

日本の資源エネルギーの過去問分析問題の解答

ア.水力
イ.火力
ウ.化石燃料
エ.地球温暖化
オ.原子力
カ.風力
キ.地熱
ク.クリーンエネルギー

コメント

テキストのコピーはできません。