中3理科「花粉管がのびる観察の練習問題」

花粉管がのびる観察の練習問題

被子植物の花粉管がのびるようすを調べる観察を行った。あとの問いに答えなさい。

【観察】
ある物質が質量パーセント濃度8%でふくまれる寒天溶液を固めたもの主に、花粉を散布した。しばらくおいた後、顕微鏡で観察すると、花粉から花粉管がのびていた。次の図はこれをスケッチしたものである。

花粉管の図

(1) 観察で、下線部の物質として、もっとも適当なものを次のア~ウから1つ選びなさい。
ア砂糖(ショ糖) / イ食塩(塩化ナトリウム) / ウ重曹(炭酸水素ナトリウム)

(2) 次の文は、観察で見られた花粉管と被子植物の有性生殖について述べた文章である。1、2にあてはまる語句をそれぞれ書きなさい。

被子植物では、花粉がめしべの柱頭につくと、花粉管がのびていく。花粉管が、子房の中の( 1 )に達すると、( 1 )の中にある卵細胞の核と花粉管の中にある( 2 )の核が合体して、受精卵(受精した卵細胞)となる。受精卵は、細胞分裂をくり返して、胚になる。
スポンサーリンク

花粉管がのびる観察の練習問題解答

(1) ア

花粉はそのままでは花粉管が出ることはない。花粉管は、どのような状態のときに出てくるのかがポイントです。花粉がめしべの柱頭につくと、花粉から花粉管がのびる。砂糖をふくむ寒天溶液は、めしべの柱頭と同じような状態を再現するために用いる。

(2) 1胚珠 2精細胞

精細胞は、花粉管の中を移動して胚珠の卵細胞に達し、これらの細胞の核が受精する。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る