中学歴史の「開国と江戸幕府の滅亡」についてのまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「開国と江戸幕府の滅亡」についてのまとめです。アメリカの要求により日本は開国します。この記事は、開国に至るまでの過程をまとめています。それでは、中学歴史の「開国と江戸幕府の滅亡」についてです。

ペリーの来航

1853年浦賀に来航し開国を要求。アメリカの使節で東インド艦隊司令長官のペリーが4隻の軍艦を率いて浦賀(神奈川県) に来航した。これらの軍艦は船体が黒かったので、当時の人々は「黒船」とよんだ。アメリカ合衆国はそのころ、日本を、北太平洋での捕鯨の寄港地や中国貿易を行うための中継地にしたいと考えていた。そこでペリーは大統領の国書を江戸幕府にわたして、開国を強く要求した。幕府は翌年に返事をすると約束し、先例を破って朝廷に報告するとともに、諸大名や旗本らの 意見を聞いた。このことは、幕府の権威を弱める結果となり、朝廷や大名の政治への発言力を強めることとなった。

  • 日米和親条約…1854年に結ぶ。下田・函館を開港。
  • 日米修好通商条約…1858年に結ぶ。領事裁判権を認め、関税自主権がないなど日本に不平等な条約。
  • 貿易の開始…オランダ・ロシア・イギリス・フランスとも条約を結ぶ貿易を開始。最大の貿易港は横浜。貿易の相手国はイギリスが中心。
  • 開国の影響…物資の不足や金貨が大量に国外流出ことなどから物価が上昇した。自由な貿易の開始は日本の経済に大きな影響を与えた。

開国後の経済

貿易が始まると、日本は生糸・茶・海産物などを輸出し、毛織物・綿織物(綿糸をふくむ)や武器などを輸入した。しかし、安価な綿製品が大量に輸入されたため、国内の生産地は大打撃を受けた。また、絹織物業者の中には生示が海外に輸出されてしまうため、原料が不足して倒産する者も多く出た。さらに、米や生糸は商人に買いしめられて、品不足になった。そのうえ、幕府が金の海外流出を防ぐために質の悪い貨幣(小判)をつくったことで、物価が急上昇して国内の経済は混乱し、下級武士や庶民 (一般の人々)の生活が苦しくなった。このため、百姓一揆や打ちこわしが続発するようになった。

尊王攘夷運動

天皇を尊ぶ尊王論と外国の勢力を排除しようとする攘夷論が結びついた。幕府に対する反対運動。

  • 安政の大獄…大老井伊直弼が幕府に反対した人々を処罰。
  • 桜田門外の変…反対派の武士が井伊直弼を暗殺した事件。
  • 薩摩藩…1862年イギリス人を殺害する事件を起こす。翌年、イギリス艦隊の報復攻撃を受ける。
  • 長州藩…1863年下関(関門)海峡を通る外国船を砲撃。翌年、4国の連合艦隊の報復攻撃を受ける。
スポンサーリンク

倒幕への動き

  • 薩長同盟…1866年薩摩藩と長州藩が土佐藩の出身の坂本龍馬の仲立ちで同盟を結び、倒幕を目指す。
  • 民主の動き…世直し一揆や打ちこわしが多発。1867年には「ええじゃないか」と踊るさわきが流行。
    攘夷に失敗した薩摩藩・長州藩が倒幕運動の中心となった。

大政奉還

江戸幕府が倒れ天皇中心の新政府が成立した

  • 大政奉還…1867年15代将軍徳川慶喜が政権を朝廷に返した。
  • 王政復古の大号令…1867年朝廷が天皇中心とする政治に戻すことを宣言した。
  • 戊辰戦争…1868年旧幕府軍が新政府軍との戦いを始める。翌年、旧幕府が降伏。700年近く続いた武士の政治が終わった。

江戸時代 あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク