中学古文の「会話部分」の見つけ方のポイント

シェアする

スポンサーリンク

中学古文の「会話部分」の見つけ方のポイントです。古文では普通会話に「 」がついていません。ですので、会話部分はどこからどこまでかを見分けることが大切になります。それでは、中学古文の「会話部分」の見つけ方のポイントについてみていきましょう。

「会話部分」の見つけ方のポイント

スポンサーリンク

会話部分の「すぐ前」にある表現のパターン

  • その発言者+の、
  • 「用言+に」「用言+、」「用言+て、」「~を、」「いはく」「言ふやう」

<例>

  • かぐや姫言ふやう、「なんでふ心地…。」…。

会話文の「すぐ後」にある表現のパターン

  • 「と」「とて」「と言ひ(思ひ)て」「と言ふ」

<例>

  • かぐや姫、「…なんでふものを嘆き侍るべき。」と言ふ。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク