中学公民「公共料金の種類まとめ」

シェアする

中学公民の「独占価格と公共料金」をまとめています。独占価格は、少数の企業が一方的に決まります。また、物価は物価指数で表されます。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学公民の「独占価格と公共料金」のまとめです。

公共料金とは?

国民生活に深い関係のあるサービスの料金は、公共料金といい、国会や政府、地方公共団体が決めたり認可したりする。決定方法は、国会や政府、地方公共団体が決定したり、認可したりします。

スポンサーリンク

公共料金の種類

  • 国会や政府が決定するもの…社会保険診療報酬、介護報酬
    政府が認可・上限認可するもの…電気料金、鉄道運賃、都市ガス料金、乗合バス運賃、高速自動車国道料金、タクシー運賃、郵便料金(通常郵便物の料金等)
  • 政府に届け出るもの…電気通信料金固定電話の通話料金など)、国内航空運賃、郵便料金(小包郵便物の料金等) 、電気料金、都市ガス料金の引き下げ改定、鉄道・乗合バス運賃の上限価格の範囲内での改定
  • 地方公共団体が決定するもの…公営水道料金、公立学校授業料、公衆浴場入浴料 おもな公共料金、印鑑証明手数料等

独占価格とは?

自由競争で決まる市場価格に対して、独占価格は、少数の企業が一方的に決める価格である。少数の企業が市場を支配している場合、競争がないため、企業は利潤がなるべく大きくなるよう価格(独占価格)を決めることがある。

独占価格は、管理(寡占)価格ともいわれ、生産者に有利な高い価格に決定されるので、消費者の不利になることが多い。

価格と物価

商品の1つ1つの値段を価格というが、いろいろな商品の価格やサービスの料金を総合して平均化したものを物価といい、一般に、物価は物価指数で表される。

  • 物価指数…ある年(月)の物価を基準としてこれを100とし、ほかの年(月)の物価を指数で表したものである。

物価指数の種類には、次のようなものがある。

  • 企業物価指数…企業間で取り引きされる商品の価格 変動をとらえた物価指数。日本銀行が、毎月1回調査し発表する。
  • 消費者物価指数…家計が購入する日常生活に特に関係が深い商品やサービスの物価指数。消費者物価指数は、消費生活の動きを知るための重要な指数で、総務省統計局が、毎月1回調査し発表する。

価格のまとめ

  • 市場価格…市場で決まる価格。
  • 均衡価格…需要量と供給量一致させる価格。
  • 価格…商品を買うときに支払う金額を示す。
  • 公共料金…国民生活に大きな影響を与えるため、国や地方自治体が決定・認可する価格(料金)。
  • 物価…商品全体の殻を平均化したもの。物価の働きをすると商品の価格の変化が分かる。

公民あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る