中1理科「火山の練習問題」

スポンサーリンク

火山の練習問題

地球の内部の熱によって岩石がとけるとマグマができ、そのマグマが地表に噴き出し、冷えて固まってできた山を火山という。火山はその形によっていくつかに分類することができる。図のA~Cは、分類した火山の断面の形を、それぞれ模式的に表したものである。これについて、次の問いに答えなさい。
火山の形問題

(1) 図のBと同じような形をしている火山はどれか。次のアからエから選びなさい。

ア:桜島 イ:マウナロア ウ:雲仙普賢岳 エ:昭和新山

(2) 図のAの火山について、噴火のようすと火山噴出物の色をCの火山と比較した文として、もっとも適当なものを、次のアからエから1つ選びなさい。

ア:Aの火山は、Cの火山と比べ、噴火は激しい場合が多く、火山噴出物の色は白っぽい。
イ:Aの火山は、Cの火山と比べ、噴火は激しい場合が多く、火山噴出物の色は黒っぽい。
ウ:Aの火山は、Cの火山と比べ、噴火はおだやかな場合が多く、火山噴出物の色は白っぽい。
エ:Aの火山は、Cの火山と比べ、噴火はおだやかな場合が多く、火山噴出物の色は黒っぽい。

火山の練習問題解答

(1)ア

桜島は、Bのような円すい形をしている。マウナロアは、Aのような傾斜がゆるやかな形をしている。雲仙普賢岳、昭和新山は、Cのようなドーム状の形をしている。

(2)エ

Aのように傾斜のゆるやかな火山は、マグマのねばりけが弱く、おだやかな噴火が起こる。Cのようにドーム状の形の火山は、マグマのねばりけが強く、激しい噴火が起こる。また、マグマのねばりけが弱いほど、火山噴出物は黒っぽくなる。

確認中1理科「火山の学習ポイント」

コメント