中学公民「日本国憲法についての定期テスト過去問分析問題」

中学公民「日本国憲法についての定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

日本国憲法についての定期テスト過去問分析問題

次の日本国憲法の文と資料を読んで、各問いに答えよ。

<憲法>
第13条 すべて国民は、( ① )として尊重される。 生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
第14条➊ すべて国民は、( ② )の下に( ③ )であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、( ④ )されない。
<資料>
日本国憲法で保障された権利
・差別されずに生きるための権利…A
・自由な生き方をするための権利…B
・人間らしく生きてための権利…C
・政治に参加する権利など

(1)文中の①~④の(  )にあてはまる語句を答えよ。

(2)<資料>のA~Cから、第14条➊で保障されている権利を1つ選び、記号で選べ。

(3)(2)の権利を何権というか答えよ。

(4)<資料>の図は、日本国憲法の何の原則を示したものか答えよ。

(5)世界中に住むすべての子どもが、健康で幸せに暮らせることを目的に、1989年に国際連合で採択された条約を何条約というか。

日本国憲法についての定期テスト過去問分析問題の解答

(1)①個人 ②法 ③平等 ④差別
(2)A
(3)平等権
(4)基本的人権の尊重
(5)子どもの権利条約

コメント

テキストのコピーはできません。