▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中2理科「日本の気団の練習問題」

スポンサーリンク

日本の気団の練習問題

次の図は、日本付近に見られる3つの気団を示したものである。これについて、次の問いに答えなさい。
日本の気団の図

(1) 図のA~Cの気団をそれぞれ何というか答えなさい。

(2) 図のA~Cの気団の性質を、次のア~エからそれぞれ選びなさい。
ア 高温でしめっている。
イ 高温で乾燥している。
ウ 低温でしめっている。
エ 低温で乾燥している。

(3) 夏の前には、停滞前線が東西にのび、ほとんど移動しない。
①夏の前にできる停滞前線を特に何というか答えなさい。
②このとき、勢力がつり合っている気団を図のA~Cから2つ選びなさい。

(4) 低気圧と移動性高気圧が日本付近を西から東へ交互に通るのは、春、夏、冬のいつか答えなさい。

日本の気団の練習問題解答

(1) A.シベリア気団 B.オホーツク海気団 C.小笠原気団

Aのシベリア気団は北の陸上でできるので低温で乾燥している。Bのオホーツク海気団は北の海の上でできるので低温でしめっている。Cの小笠原気団は南の海上でできるので高温でしめっている。

(2) A エ / B ウ / C ア

(3) ①梅雨前線 ②B, C

停滞前線は、北のオホーツク海気団と南の小笠原気団の境にできる。

(4) 春

春には、移動性高気圧と低気圧が西から東へ移動していく。これは、日本列島の上空に偏西風がふいているためである。

類題中2理科「前線と気団の一問一答」

コメント