▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中学公民「企業の独占」

中学公民の「企業の集中と独占の種類」についてまとめています。独占は、生産が少数の企業に集中することで起こります。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学公民の「企業の集中と独占の種類」のまとめです。

スポンサーリンク

企業の集中

資本主義経済の国々においては、企業は利潤を求めて、他の企業と激しく自由競争を行う。激しい自由競争が続く中で、強い企業は弱い企業を合併したりして、しだいに生産の全体を支配するようになっていく。これを企業の集中といい、この傾向は独占へと発展していく。

企業の集中が進む中で、少数の大企業が互いの利益を守るために競争をやめ、協定や合併などによる独占が成立するようになる。

独占の形態

  • カルテル(企業連合)…同じ業種の独立した企業どうしが、価格や生産量・販売地域などで協定を結ぶこと。
  • トラスト(企業合同)…同じ業種の企業が、その独立性をすてて合併し、新しい巨大企業になること。
  • コンツェルン(企業連携)…多くの業種の企業が資本面で結合すること。

各企業は法律上の独立性を保っているが、実質的には持株会社の支配下におかれる。戦前の財閥もコンツェルンの一種とされる。

独占

独占とは、狭い意味では1つの企業が生産や市場を完全に支配することだが、一般には少数の大企業が生産や市場を支配する寡占を含めて独占という。そのため、独占禁止法を整備。独占禁止法は、独占による弊害をなくし、自由競争を促すための法律。公正取引委員会が運用にあたる。

独占価格
競争がないため需要量と供給量の関係で決まらず、少数の企業が足並みをそろえて決める価格。企業は利潤が大きくなるように価格を設定するため、消費者不利益を受ける。

持株会社

株式を多数所有し、多くの会社(子会社など)を支配下におく会社。第二次世界大戦前の三井や三菱は、代表的な持株会社である。

以上が、中学公民の「企業の集中と独占の種類」のまとめとなります。

コメント