中2数学「連立方程式文章題(金額)の定期テスト過去問分析問題」

中2数学「連立方程式文章題(金額)の定期テスト過去問分析問題」です。

2つの文字を使って、枚数や金額の等式を使って2つの方程式を作る。
スポンサーリンク

連立方程式文章題(金額)の定期テスト過去問分析問題

(問1)100円硬貨と50円硬貨だけを入れた貯金箱があり,合計1000円入っている。この貯金箱から,100円硬貨を何枚かずつ取り出して,それをすべて10円硬貨に両替してもどすと,貯金箱の中の硬貨が67枚ふえて,全部で79枚になった。はじめに貯金箱の中にあった100円硬貨と50円硬貨の枚数を,それぞれx枚,y枚として,はじめに貯金箱の中にあった100円硬貨と50円硬貨の枚数を求めなさい。

連立方程式文章題(金額)の定期テスト過去問分析問題の解答

100x+50y=1000
x+y+67=79

これを解くと、x=8、y=4
これは問題に合う。
(答え)100円8枚、50円4枚

コメント

テキストのコピーはできません。