中2国語「わたしが一番きれいだったときの定期テスト過去問分析問題」

中2国語「わたしが一番きれいだったときの定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

わたしが一番きれいだったときの定期テスト過去問分析問題

教科書の「わたしが一番きれいだったとき」の詩を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 詩の中で繰り返されている「わたしが一番きれいだったとき」とは、どんなときを指しているか。次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 青春を迎えたとき。
 イ 恋をしていたとき。
 ウ 生まれたてのとき。
 エ おしゃれをしていたとき。

問二 第三連の「皆発っていった」とあるが、どこへ発っていたのか。漢字二字で書きなさい。

問三 第四連の「手足ばかりが栗色に光った」とは、どんな様子を表しているか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 何も考えず泣いてばかりいている様子
 イ どろんこ遊びをして元気だった様子
 ウ 労働などで日焼けした体を感じさせる様子
 エ 急激な変化の中で成長した様子

問四 第五連の「ブラウスの腕をまくり卑屈な町をのし歩いた。」とは、どんな様子を表しているか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア やり場のない怒りに駆られている様子
 イ 一生懸命に仕事をしている様子
 ウ 急激な変化の中で自分を見失っている様子
 エ 血気盛んに頑張っている様子

問五 第八連の「だから決めた できれば長生きすることに」で用いられている表現技法の名称を答えなさい。

わたしが一番きれいだったときの定期テスト過去問分析問題の解答

問一 ア

問二 (例)戦地

問三 ウ

問四 ア

問五 倒置

コメント

テキストのコピーはできません。