▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中学地理「北アメリカ州に関する一問一答」

スポンサーリンク

北アメリカ州の一問一答

次の問いに答えよ。ただし、(    )には適語を入れよ。

1.アメリカ合衆国の西部には高くて険しい(    )山脈が南北に連なっている。

2.北アメリカの北部にはタイガと呼ばれる(    )が広がっている。

3.17世紀には、(    )がカナダのケベックに植民地を形成していた。

4.インディアン、イヌイットといった(    )は、ヨーロッパ系の移民によって、居住地を奪われた。

5.(    )系の人々は、綿花栽培の労働者として強制的に連れてこられた人の子孫が多い。

6.アメリカ合衆国のように、さまざまな民族によって構成されている国家を(    )国家という。

7.アメリカ南部一帯から北部にかけて古くから(    )が栽培されてきたが、近年は大豆の栽培も盛んです。

8.カルフォルニア州を中心に(    )農業がおこなわれ、ぶどうやオレンジの栽培が盛ん。

9.アメリカ合衆国は、(    )の埋蔵量が世界一である。

10.五大湖沿岸では早くから工業が発達。そこに位置するデトロイトは(    )業で有名です。

11.アメリカ合衆国には、世界各国に工場や支社を置く(    )企業が多い。

12.メキシコ湾に注ぐ北アメリカ最長の河川を何というか。

13.フロリダ半島やハワイ諸島に分布している気候帯を何というか。

14.アメリカ合衆国で最も多くの人が信仰している宗教は何か。

15.北アメリカの先住民のことを何というか。

16.中南米から移住してきたスペイン語を話す人々を何というか。

17.土地の条件に適した作物を栽培する農業の方法を何というか。

18.小麦、とうもろこし、大豆を大量に生産し、輸出していることからアメリカ合衆国は何と呼ばれているか。

19.サンフランシスコ近郊に発達した電子工業地域を何というか。

20.NAFTAを結んでいるのは、アメリカ合衆国、カナダともう1つの国はどこか。

北アメリカ州の一問一答の解答

アメリカ合衆国の国土は、面積約963万km2で、日本の約25倍である。アメリカ最大の都市であるニューヨークは世界の経済・金融の中心地であり、国際連合の本部が置かれている。

1.ロッキー

2.針葉樹林

3.フランス

4.ネイティブアメリカン

インディアンは、南アメリカ大陸のインディオと同じ人種とされる。イヌイットは、北極海沿岸に住み、狩りや漁業、トナカイ(カリブー)の遊牧をおこなってきた。かつては エスキモーとよばれていた。

5.アフリカ

6.多民族

7.綿花

8.地中海式

9.石炭

鉱業は、石油はメキシコ湾岸、カリフォルニア、アラスカ、石炭はアパラチア炭田、鉄鉱石はスペリオル湖のメサビ鉄山などで産出する。

10.自動車(工)

11.多国籍

12.ミシシッピ川

13.熱帯

14.キリスト教

15.ネイティブアメリカン

16.ヒスパニック

ヒスパニックは、メキシコ以南の中南米の国から移住してきた、スペイン語を話す人々。現在急増している。

17.適地適作

適地適作は、自然条件や社会条件に合わせて作物をつくるため、それぞれの農産物の栽培地域がはっきり分かれている。

18.世界の食糧庫

19.シリコンバレー

20.メキシコ

確認中学地理「北アメリカ州の総まとめ」

コメント