中2国語「ここにいるを言う意味の定期テスト過去問分析問題」

中2国語「ここにいるを言う意味の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

ここにいるを言う意味の定期テスト過去問分析問題

教科書の「ここにいるを言う意味」の「困った時に声を上げるか~ン本の当事者には求められないと現場では納得した。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「困った時に声を上げる」とありますが、同じ意味を表す部分を本文中から探し十五字で書き抜きなさい。ただし、記号・句読点も含む。

問二 「当事者は居らず」とありますが、ここでは「当事者」はどのような人のことを指していますか。本文中から七字で書き抜きなさい。

問三 「当事者は居らず」という状況とは対照的な状況が書かれている一文を本文中から書き抜きなさい。

問四 「代表者に話を聞くと」とありますが、代表者の話から、日本の福祉についてどんなことがわかりますか。あてはまるものを次のア~エより二つ選び、記号で答えなさい。
 ア 当事者は支援を受けていることを隠そうとしていること。
 イ 福祉団体は、当事者の声を聞かず一方的に支援していること。
 ウ 職員たちには、状況を改善しようとする気力がないこと。
 エ 助けが必要な人と直接つながる手段が限られていること。

問五 この文章から読み取れる筆者の考えとして、最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 日本の困窮者を救うため、現在の福祉団体の在り方を改善し、明るい交友の空間を作りたい。
 イ 日本の困窮者は、苦境に負けることなく勇気をもって、「ここにいる」と声をあげていくべきだ。
 ウ 日本では複雑な事情を抱える困窮者に対し、第三者から声を上げるように求めることは難しい。
 エ 日本の困窮者は、明るく真剣に苦境と向き合っているアメリカの困窮者を見本にするとよい。

ここにいるを言う意味の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 「ここにいるよ」、と声を上げる

問二 所得の低い人々

問三 しかし食糧をもらいに、毎週周囲に住む低所得者が続々と集い、交流の空間として盛り上がっている。

問四 ア・エ

問五 ウ

コメント

テキストのコピーはできません。