中学国語「品詞の分類一覧」

中学国語の品詞の分類についてまとめています。品詞の分類に関して、それぞれの活用や注意点、ポイントなどにもふれています。それでは、中学国語の「品詞の分類」のまとめです。

品詞の分類

品詞は、単語のそのはたらきや意味によって区分したものです。ふつう、品詞は次のように分けられます。(代名詞と名詞を区分して、11に分けることもあります。)

スポンサーリンク

動詞

ウ段で終わる。自立語で、活用があって、単独で述語(用言)になります。

  • 五段活用
  • 上一段活用
  • 下一段活用
  • カ行変格活用
  • サ行変格活用

形容詞

「い」で終わる。自立語で、活用があって、単独で述語(用言)になります。

形容動詞

「だ」で終わる。自立語で、活用があって、単独で述語(用言)になります。

名詞

ものごとを表します。自立語で、活用がなく、単独で主語(体言)になります。

副詞

主に連用修飾語になります。自立語で、活用がなく、主語になれません。

<呼応の副詞>副詞には、決まった叙述のしかたがあとにくるものがあります。 (例)たぶん~だろう。

連体詞

連体修飾語だけになれます。自立語で、活用がなく、主語になれません。

接続詞

接続語になります。自立語で、活用がなく、主語になれません。

  • 順接
  • 逆接
  • 並立・累加
  • 対比・選択
  • 説明・転換

感嘆詞

独立語になります。自立語で、活用がなく、主語になれません。

助動詞

意味を添えたり、判断を表したりします。付属語で、活用があります。

助詞

語の関係を示したり、意味を添えたりします。付属語で、活用がありません。

point

  • 自立語は、単独で文節を作ることができますが、付属語は単独で文節を作ることができません。
  • 付属語は、必ず、自立語の下について自立語とともにい文節を造ります。

以上が、中学国語の「品詞の分類」のまとめです。入試でも出題されることも少ないので、きっちり習得していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る