中学国語の読解「心情」のつかみ方・コツ

シェアする

スポンサーリンク

中学国語の読解「心情」のつかみ方・コツについてまとめています。心情について、小説や随筆の読解問題を解く上での解き方、コツなどにふれています。それでは、中学国語の読解「心情」のつかみ方・コツです。

心情

心情とは、気持ち。心の中で思ったことであり、小説などの文学的文章では、主に、登場人物や作者の心情(=気持ち)を指します。

スポンサーリンク

場面における、心情の位置づけ

登場人物の心情は、出来事や事件を原因として生まれ、表情やしぐさ、態度、行動、会話などに表れます。

<例>

大好きな田舎の祖母が遊びに来る日になった。(出来事)

久しぶりに会うので楽しみ(心情)

今日は、授業が終わって、一目散に帰宅した。

祖母を見ると、思わずニコニコしてしまった。(心情の表れ)

心情をとらえる手順

心情がそのまま書かれている部分

「~思った」「~感じた」などの表現に注目します。(例)私は、うれしいと思った。

表情、しぐさ、会話などから読み取る

  • 表情 目を大きく見開いた。(おどろき)
  • しぐさ 軽やかな足どり(うれしい)
  • 態度 彼はもじもじしていた(はずかしい)
  • 行動 みんなで笑いあった(喜び)
  • 会話 「ほっとした」とつぶやいた。(安心)

など

情景から読みとる

情景は、登場人物の心情と深く関わっているので、情景描写に着目することも、心情をとらえやすくなります。

(例)灰色の雲もどんよりとのしかかってくるように重かった。
→ 情景から、すっきりしない重苦しい心情が想像できます。

随筆における心情表現

随筆では、筆者の思いや考えはいろいろな表現で書き表れています。

直接的な表現

心情を直接に表したもの。思った内容や考えた内容を含む文の文末に、心情表現があります。「~が楽しみだ」「~残念だ」などの感情を表す表現もこれに含まれます。

(例)とても深くて美しい。

筆者の言動や様子

心情を直接的に表す言葉以外に、筆者の言葉や態度、様子についての表現から、心情を読み取ります。

(例)この難問を前に、私はばんざいをしたままだ。(手が付けられなくてどうしようもない心境)

事実の表現

筆者が見たり聞いたりした事実。または体験を述べているとき、そこに筆者の心情を含まれることもあります。事実をありのままに述べようとしても、説明の中に感じたことをや考えたことが含まれてしまうからです。

客観的な事実は、筆者の考えや心情ではないので気をつけましょう。

(例)今の日本は、ますます高齢化社会となります。(客観的事実)これは、きわめて、今後の日本に暗い影を落とします。(筆者の考え・心情)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク