中学国語の「指示語・接続語」読解問題に役立つ!

シェアする

スポンサーリンク

中学国語の「指示語・接続語」についてまとめています。特に、論説文や説明文の読解を問題を解くとkに必要な知己となります。しっかり理解していきましょう。それでは、中学国語の「指示語・接続語」のまとめです。

指示語

指示語は、「これ・それ・あれ・どれ」や「この・その・あの・どの」など、何かを指し示すときに使う言葉です。指示語は、ものだけでなk。文章中や語句や事柄、文全体、段落全体を指し示す場合もあります。

スポンサーリンク

指示語のはたらき

  1. 同じ言葉の繰り返しを避け、文の簡潔にする。
    (例)変わらない友情。若いとき、人はそれを求める。
  2. 指示語のある文と指示する内容のある文をつなぎ、文章を筋道をつくります。
    (例)彼はとても素直だお。これは、彼の長所の1つだ。

指示語一覧

事柄 場所 方向 状態 指定
話し手の近く これ ここ こちら/こっち こんな/こう この
聞き手の近く それ そこ そちら/そっち そんな/そう その
話し手・聞き手から遠い あれ あそこ あちら/あっち あんな/ああ あの
表すものが不明 どれ どこ どちら/どっち どんな/どう どの

接続語

文と文、段落と段落をつなぐ言葉を接続語といいます。

接続語のはたらき

前後がどんな関係でつながっているかを示します。

(例)僕は走るのは嫌いだ。だから、マラソン大会に出たくない。

指示内容をとらえる手順

  1. 指示語のある文を読み、前後関係から指示語が何を指しているかをつかみます。
    (例)勉強にはやる気が必要だ。それがないと続かない。
  2. あてはまる内容を、指示語の「直前」でなければ、「それ以前」、それでもなければ「あと」の順序で探します。指示内容はたいてい指示語の前にあるが、あとにある場合もあります。
  3. 見つけた内容を指示語にあてはめて、文脈が通るかどうかを確かめる。

接続語をあてはめる手順

  1. 前後の文をつなぐのに適切な接続語を考えます。
  2. 前後の文の関係を考えてみます。
  3. (   )にあてはまる接続語は順接の接続語。
種類 前後の文の関係 語例
順接 前の内容を原因・理由とする内容があとにくる そこで・そこで
逆接 前の内容と逆になるような内容があとにくる。 しかし・だが・ところが
並列 前の内容とあとの内容とが並んでいる また・および
累加 前の内容にあとの内容を付け加える それから・なお
対比 前の内容とあとの内容とを比べたり、どちらかを選んだりする あるいは・それとも
選択 前の内容とあとの内容とを比べたり、どちらかを選んだりする または
説明 前の内容についての説明や補足をあとでする つまり・たとえば
転換 前の内容とは話題を変える さて・ところでは・では
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る