中学国語文法「指示語一覧とはたらき」

中学国語文法「指示語一覧とはたらき」です。指示語は、「これ・それ・あれ・どれ」や「この・その・あの・どの」など、何かを指し示すときに使う言葉です。指示語は、ものだけでなく、文章中や語句や事柄、文全体、段落全体を指し示す場合もあります。

スポンサーリンク

指示語一覧

種類事柄場所方向状態指定
話し手の近くこれこここちら/こっちこんな/こうこの
聞き手の近くそれそこそちら/そっちそんな/そうその
話し手・聞き手から遠いあれあそこあちら/あっちあんな/あああの
表すものが不明どれどこどちら/どっちどんな/どうどの

指示語のはたらき

  1. 同じ言葉の繰り返しを避け、文の簡潔にする。
    (例)変わらない友情。若いとき、人はそれを求める。
  2. 指示語のある文と指示する内容のある文をつなぎ、文章を筋道をつくります。
    (例)彼はとても素直だお。これは、彼の長所の1つだ。

コメント

テキストのコピーはできません。