中学公民の「啓蒙思想」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学公民の「啓蒙思想」をまとめています。啓蒙思想とは、17~18世紀のイギリスやフランスを中心に、権力が国王に集中している絶対王政を批判し、人々を迷信と偏見から解放しようとしておこった思想。ロック、モンテスキュー、ルソーらの思想家が知られています。
参考中学歴史の「近代革命(ピューリタン・名誉・独立戦争・フランスなど)」まとめ

ロック

イギリスの思想家ロックは著書「統治二論(市民政府二論)」で、すべての人間は生命・自由・財産という自然権をもっていて、この自然権を守るため、人々に社会契約によって国家をつくったと考え、人民の代表者による議会政治を説きました。

スポンサーリンク

統治二論

イギリスの名誉革命を理論的に基礎づけ、彼の社会契約説は、アメリカの独立やフランス革命に思想的根拠を与えました。基本的人権や権力の分立、人民主権を最初に明確にした思想家といえます。
参考中学公民の「基本的人権の尊重」のまとめ・練習問題

ルソー

ロックの考えをさらに発展させ、徹底した人民主権(国民主権)論を主張したのがフランスの思想家ルソーです。

社会契約論

社会契約論で、社会契約で人々が国家がつくってからも、ほんとうに自由・平等と幸福を実現するためには、人民は約束(契約)によって人民主権の政府をつくるほかないと説き、社会全体の利益をめざす全人民の意思(一般意思)による政治が行われるべきであり、各人の意思は直接自分で表現するしかなく、すべての人民が直接政治に参加する直接民主制を主張しました。

  • 社会契約論…社会(国家)は、互いに自由・平等である個人の合意(約束ごと)で成立するという考え。ロックは、政府が合意を守らなければ、これに抵抗し、政府を変更できると説きました。

モンテスキュー

権力分立の考えはロックが説きました。ロックは立法権と執行権(行政権)の分立と、立法権の執行権に対する優越を説きました。この主張を受けつぎ、三権分立論に発展させたのが、フランスの思想家モンテスキューデス。

法の精神

立法権・行政権・司法権の三権相互間の抑制と均衡(チェック・アンド・バランス)をはかることで、国家権力の濫用を防ぐことができるとしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク