中2国語「言葉の力の定期テスト過去問分析問題」

中2国語「言葉の力の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

言葉の力の定期テスト過去問分析問題

教科書の「言葉の力」の「京都の嵯峨に住む染織家~見せてくれると、はっと驚く。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「なんとも美しい桜色」とありますが、具体的にはどのような色ですか、それを説明した部分を四十字程度で、書き抜きなさい。

問二 「この色は何か取り出したんですか。」の「この色」とはどのように取り出したものか、次のア~エより最も適切なものを一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 花が咲いていない冬の季節の山の桜の皮から取り出したもの。
 イ 花が咲く直前の山の桜の皮から取り出したもの。
 ウ 花が咲く直前の山の桜の花びらを煮詰めて取り出したもの。
 エ 花が散った後の山の桜の木の葉から取り出したもの。

問三 「素人」とありますが、「素人」と対照的な意味で用いられている言葉を抜き出しなさい。

問四 「えもいわれぬ」とありますが、その意味として、次のア~エより最も適切なものを一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 不意を打つ
 イ 何とも言い表せない
 ウ できることがない
 エ 得られない

問五 「それらのピンク」とありますが、何を指しますか。具体的に述べた言葉を、文書中から三つ書き抜きなさい。

言葉の力の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 淡いようでいて、しかも燃えるような強さを内に秘め、華やかでしかも深く落ち着いている色

問二 イ

問三 染織家

問四 イ

問五 幹のピンク/樹皮のピンク/樹液のピンク

コメント

テキストのコピーはできません。