中1理科の「茎のつくりとはたらき」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「茎のつくりとはたらき」についてまとめています。茎のつくりのポイントは、茎には水や養分を運ぶ道管や栄養分を運ぶ師管などがあるところです。そのあたりについて記述しています。それでは、中1理科の「茎のつくりとはたらき」のまとめです。

茎のつくり

茎は、植物体の地上部の支えとなって、光合成にはなくてはならないたくさんの葉をつけるとともに、水や養分の通路となっている。茎には、根で吸収した水や養分を運ぶための道管や、葉でつくられた栄養分を運ぶための師管がある。

スポンサーリンク

茎の内部

茎の内部のつくりは、双子葉類と単子葉類ではちがっている。

道管

木部(道管などが集まっている部分)にある細長い管。はじめは、細長い細胞がたてにつながっていたものが、のちに境めの細胞膜や原形質 がなくなって、長い管になったものである。道管の細胞膜には、リグニン(木質素)という物質がたまって木化し、かたくなっている。その表面には環状やらせん状の模様がある。

道管は、根から茎を通って葉の葉脈までつながっている。根から吸収された水や養分は、この道管の中を通って上昇し、水は葉の気孔から蒸散したり、光合成の材料として使われたりする。また、道管は茎を支えるのに役だっている。

師管

ふるい管ともいう。師部(前管などがある部分)にある管で、道管と同じように、細長い細胞がたてに並んで長い管となっているが、細胞と 細胞とが接する部分の細胞膜には、ふるいのように多数の小さな穴があいている。

師管の細胞膜はうすくて本化しておらず、原形質も残っている。師管は葉で合成された栄養分(デンプンや糖などの有機物だの各部へ運ぶ通路となっている。

形成層

双子類の道音と動音の間に、小さな細胞がはさまって横に数層ならんでいる。これが形成層である。ここで細胞分裂がさかんにおこり、内側に新しい木部の細胞を、外側に新しい市部の細胞をつくる。植物の茎は、この形成層のはたらきによって成長する。単子葉類の茎には形成層がないので、ある程度までしか 太くならない。

維管束

木部にある道管と師部にある臨管が束になったような部分を、維管束という。維管束は、根から業までつながった組織で、茎では内側の部分に道査、外側の部分に師管がある。

まとめ

茎のはたらきは、植物の体を支え、根から吸収した水や無機物と、葉でつくられた養分が移動する通り道になっています。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク