▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中2理科「雲のでき方の練習問題」

スポンサーリンク

雲のでき方の練習問題

上昇した空気にふくまれる水蒸気が凝結すると、雲ができる。次の問いに答えなさい。

(1) 上昇する空気の動きを何というか答えなさい。
(2) 次の文は、自然界における雲のでき方について説明したものである。 1~3にあてはまる言葉を、ア、イからそれぞれ選びなさい。

地表付近の空気が上昇すると,上空にいくほど気圧が1(ア 高い / イ 低い)ため、空気が2(ア 膨張/ イ 収縮)する。そのとき、空気 の温度が3(ア上がり /イ 下がり)、ついには湿度が100%になると、水蒸気が凝結し始め、雲ができる。

(3) 地表付近の空気が冷やされて、空気中の水蒸気が水滴となって浮かんでいるものを何というか答えなさい。

雲のでき方の練習問題解答

(1)上昇気流

(2)①イ ②ア ③イ

地表付近の空気が上昇すると、膨張して空気の温度が下がり、露点以下になると水滴が生じて雲ができる。

(3)霧

霧も雲と同じように水滴が空気中で浮かんでいる現象であるが、水滴が地表で浮かんでいる場合を霧という。

確認2理科「雲のでき方の実験」

コメント