中2数学の「速さ・道のりの連立方程式文章題」のポイント・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

中2数学の「速さ・距離(道のり)の連立方程式文章題」のポイント・練習問題です。「き・は・じ」や数直線を利用して、確実に解いていきましょう。また、単位に気をつけて解くことも大切です。それでは、中2数学の「速さ・距離(道のり)の連立方程式文章題」のポイント・練習問題です。

速さの公式

  • 道のり=速さ×時間
  • 速さ=道のり÷時間
  • 時間=道のり÷速さ
スポンサーリンク

速さの文章題

道のりと時間の関係に注目します。また、単位に気をつけながら解きましょう。単位は、「速さ」の単位にあわせると解きやすいです。たとえば、速さの単位が「m/分」とあれば、距離は「m」、時間は「分」で立式してきましょう。

速さの表し方

  • 時速xkmのことを、xkm/h
  • 分速ymのことを、ym/minや、ym/分
  • 秒速zmのことを、zm/s

と表すこともできます。

速さに関する連立方程式文章題

次の問いに答えなさい。

  1. 家から1180m離れた駅に行くときに、途中の郵便局までは60m/分で歩き、郵便局から先は100m/分で走ったところ15分で駅に着きました。家から郵便局までの道のりは何mですか。
  2. A地点からB地点を通って2700m離れたC地点に行きます。途中のB地点までは毎分50mで歩き、B地点からはバスで毎分300mで進み、全部で14分かかりました。AB間の距離とBC間の距離をそれぞれ求めなさい。
  3. 家から1.3km離れた駅に行くときに、途中の病院までは毎分80mで歩き、病院から先は毎分140mで走ったところ11分で駅に着きました。家から病院までの道のりは何mですか。
  4. A町からB町を通って320km離れたC町に行きます。途中のB町までは時速40kmで進み、B町からは時速60kmで進み、全部で6時間かかりました。AB間の距離とBC間の距離をそれぞれ求めなさい。

解答

  1. 480m
  2. AB間300m、BC間2400m
  3. 320m
  4. AB間80km、BC間240km
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク