▶ YouTube動画「トイトク」定期テスト・高校入試対策

中学数学「確率の練習問題」定期テスト対策・典型問題を解こう

スポンサーリンク

中学数学「確率の練習問題」です。定期テスト対策として、典型問題を解いて本番に備えよう。

スポンサーリンク

確率の練習問題一覧

2つのさいころを投げたときの確率
硬貨を投げたときの確率
くじを引くときの確率
2枚のカードの組を取り出す確率

スポンサーリンク

2つのさいころを投げたときの確率

次の問いに答えよ。

  1. 2個のサイコロa,b を同時に投げるとき、出る目の数が同じになる確率を求めよ。
  2. 2個のサイコロa,b を同時に投げるとき、出る目の和が4になる確率を求めよ。
  3. 2個のサイコロa,b を同時に投げるとき、出る目の積が6になる確率を求めよ。
  4. 2個のサイコロa,b を同時に投げるとき、出る目の和が3の倍数になる確率を求めよ。
  5. 2個のサイコロa,b を同時に投げるとき、出る目の積が奇数になる確率を求めよ。
  6. 2個のサイコロa,b を同時に投げるとき、出る目の和が13 になる確率を求めよ。
  7. 2個のサイコロa,b を同時に投げるとき、出る目の和が7 になる確率を求めよ。
  8. 2個のサイコロa,b を同時に投げるとき、a-b=1となる確率を求めよ。
  9. 2個のサイコロa,b を同時に投げるとき、aとbの差が2となる確率を求めよ。
  10. 2個のサイコロa,b を同時に投げるとき、2a=bとなる確率を求めよ。

2つのさいころを投げたときの確率の解答

■サイコロの確率の求め方
2つのサイコロを投げて求める確率や、1つのサイコロを連続2回の確率の問題では、『表』を利用して、該当するところにチェックを入れて解いていくのが一般的です。もちろん、樹形図を利用して解いてもかまいません。
さいころ
■サイコロの場合の数
サイコロをn回振ったときの場合の数は、6となります。たとえば、サイコロを3回降ると、63=6×6×6=216通りとなります。
■ことがらAの起こらない確率
ことがらAの起こる確率をPとすると、Aの起こらない確率=1-P
■2つのさいころを同時に投げるときの例題
2つのさいころを同時に投げるとき、次の確率をもとめなさい。

  1. 出る目の数の和が10になる確率。
  2. 出る目の数の和が10以上になる確率
  3. 出る目の数の和だ10以上にならない確率

(解説・解答)
2つのさいころを、A,Bとすると、目の出方は6×6=36通り。

  1. 表を使って、出る目の和が10になるところを印をいれていくと、3通りある。よって、3/36=1/12が答えとなります。
  2. 表を使って、出る目の和が10以上にになるところを印をいれていくと、6通りある。よって、6/36=1/6が答えとなります。
  3. 2の答えを利用して、(10以上になる確率)+(10以上にならない確率)=1なので、1-1/6=5/6が答えとなります。
  1. 1/6
  2. 1/12
  3. 1/9
  4. 1/3
  5. 1/4
  6. 0
  7. 1/6
  8. 5/36
  9. 2/9
  10. 1/12
スポンサーリンク

硬貨を投げたときの確率

次の問いに答えよ。

  1. 2枚のコインを同時に投げるとき、2枚とも表になる確率を求めよ。
  2. 2枚のコインを同時に投げるとき、2枚とも裏になる確率を求めよ。
  3. 2枚のコインを同時に投げるとき、1枚が裏になる確率を求めよ。
  4. 2枚のコインを同時に投げるとき、少なくとも1枚が裏になる確率を求めよ。
  5. 3枚の硬貨を同時に投げるとき、3枚とも表になる確率を求めよ。
  6. 3枚の硬貨を同時に投げるとき、3枚とも裏になる確率を求めなさい。
  7. 3枚の硬貨を同時に投げるとき、1枚が表になる確率を求めなさい。
  8. 3枚の硬貨を同時に投げるとき、少なくとも1枚が表になる確率を求めなさい。
  9. 4枚の硬貨を同時に投げるとき、4枚とも表になる確率を求めよ。
  10. 4枚の硬貨を同時に投げるとき、少なくとも1枚が表になる確率を求めなさい。

硬貨を投げたときの確率の解答

■コイン・硬貨の確率の求め方
コイン・硬貨の確率は、『樹形図』を用いて解いていくのが一般的です。
硬貨

たとえば、2つのコインは、4通り  3つのコインの場合は、8通りとなる。

■コイン・硬貨の場合の数
樹形図を書いていくとわかりますが、コイン・硬貨の場合の数は、n回投げるとき、n2となります。4回投げると、24=16通りとなります。
■コイン・硬貨の確率の例題
3枚のコイン(硬貨)を同時に投げる時、2枚が表で、1枚が裏の出る確率を求めよ。

(解説・解答)
硬貨
樹形図より、場合の数は、8通りで、2枚が表で、1枚が裏となるのは3通りなので、答えは、3/8となります。

  1. 1/4
  2. 1/4
  3. 1/2
  4. 3/4
  5. 1/8
  6. 1/8
  7. 3/8
  8. 7/8
  9. 1/16
  10. 15/16
スポンサーリンク

くじを引くときの確率

次の問いに答えよ。

  1. 当たりが2本、はずれが3本入っているくじがある。このくじを同時に2本ひくとき、2本とも当たりである確率を求めよ。
  2. 当たりが2本、はずれが3本入っているくじがある。2本ともはずれである確率を求めよ。
  3. 当たりが2本、はずれが3本入っているくじがある。少なくとも1本は当たりである確率を求めよ。
  4. 当たりが3本、はずれが2本入っているくじがある。このくじを同時に2本ひくとき、2本とも当たりである確率を求めよ。
  5. 当たりが3本、はずれが2本入っているくじがある。このくじを同時に2本ひくとき少なくとも1本は当たりである確率を求めよ。
  6. 6本中に当たりが3本入っているくじがある。このくじをまずAが引いて次にBが引くとき、Aが当たる確率を求めよ。
  7. 6本中に当たりが3本入っているくじがある。このくじをまずAが引いて次にBが引くとき、AがはずれてBが当たる確率を求めなさい。
  8. 6本中に当たりが3本入っているくじがある。このくじをまずAが引いて次にBが引くとき、AもBも当たる確率を求めなさい。
  9. 6本のうち、2本の当たりが入っているくじがある。この6本のくじの中から、同時に2本のくじをひくとき、1本だけ当たりである確率を求めよ。
  10. 2本の当たりくじが入っている5本のくじがある。このくじを,先にAさんが1本引き,これをもどさずに,次にBさんが1本引くとき,AさんとBさんのうち,どちらか1人が当たりくじを引く確率を求めよ。

くじを引くときの確率の解答

■くじの確率の求め方
樹形図が基本でしょう。その際には、「辞書的に配列して行う」とわかりやすいと思います。たとえば以下のようになります。5本のうち、2本があたりのくじがある。ときたら、あたりくじ a,b はずれくじ c,d,eとアルファベット(辞書的)に配列して樹形図を書く。

2本の当たりをa,bとし、残りをc,d,e,fとする。そうすると樹形図は、

くじ
1本だけ当たりは、a-c a-d a-e a-f b-c b-d b-e b-fの8通り

上の樹形図より、場合の数は、15通りで、1本だけ当たりであるのは8通りなので、8/15となる。

  1. 1/10
  2. 3/10
  3. 7/10
  4. 3/10
  5. 9/10
  6. 1/2
  7. 3/10
  8. 1/5
  9. 8/15
  10. 3/15
スポンサーリンク

2枚のカードの組を取り出す確率

次の問いに答えなさい。

  1. 1から4までの4つの数字が書かれたカードがそれぞれ1枚ずつある。このうち2枚を取り出して、2けたの数を作るとき2けたの整数が偶数になる確率を求めよ。
  2. 1から4までの4つの数字が書かれたカードがそれぞれ1枚ずつある。このうち2枚を取り出して、2けたの数を作るとき2けたの整数が30 より小さい確率を求めよ。
  3. 1から4までの4つの数字が書かれたカードがそれぞれ1枚ずつある。このうち2枚を取り出して、2けたの数を作るとき2けたの数が4の倍数になる確率を求めよ。
  4. 1から4までの4つの数字が書かれたカードがそれぞれ1枚ずつある。このうち2枚を取り出して、2けたの数を作るとき2けたの数が3の倍数になる確率を求めよ。
  5. 2,4,5,7,9の5枚のカードから2枚を引くとき2枚の数の和が11になる確率を求めよ。
  6. 2,4,5,7,9の5枚のカードから2枚を引くとき2枚の数の積が偶数になる確率を求めよ。
  7. 2,4,5,7,9の5枚のカードから2枚を引くとき2枚の数の和が偶数になる確率を求めよ。
  8. 2,4,5,7,9の5枚のカードから2枚を引くとき2枚の数の和が10以下になる確率を求めよ。
  9. 0、1、2、3、4、5の数字が1つずつ書かれた6枚のカ-ドから、同時に2枚を取り出すとき、取り出した2枚のカ-ドに書かれている数の積が0となる確率を求めよ。
  10. 1から6までの数字が1つずつ書かれた6個のボールが袋の中に入っている。袋からボールを一度に2個取り出すとき、書かれた数の和が8である確率を求めよ。

2枚のカードの組を取り出す確率の解答

■カードの確率の求め方
大きく4つのパターンがあります。順番が関係する(数字をつくる)=「順列」、順番が関係ない(数字をつくらない)=「組み合わせ」に注視しましょう。

・「1回戻し」+「数字を作る」
・「1回戻し」+「数字は作らない」
・「同時または続けて」+「数字を作る」
・「同時または続けて」+「数字を作らない」

  1. 1/2
  2. 1/2
  3. 1/4
  4. 1/3
  5. 1/5
  6. 7/10
  7. 2/5
  8. 2/5
  9. 1/3
  10. 2/15
中学数学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイスト

コメント

テキストのコピーはできません。