中1数学「図形の移動」

シェアする

中1数学の「図形の移動」にまとめています。図形の移動は、平行移動、回転移動、対称移動とあります。それぞれのポイントをそれぞれおさえましょう。定期テストでは、よく出題される問題の1つです。それでは、中1数学の「図形の移動」のまとめです。

図形の移動

図形を、形や大きさを変えないで他の位置に移すことを「移動」といいます。基本となる移動には、平行移動、回転移動、対称移動の3つがあります。

スポンサーリンク

平行移動

図形を、一定の方向に、一定の距離だけ動かす移動を、平行移動といいます。

  • 対応する2点を結ぶ線分は、長さが等しく平行である。
  • 対応する図形の線分は、長さが等しく平行である。

回転移動

図形を、1つの点を中心として、一定の角度だけ回転させる移動を、回転移動といいます。このとき、中心とする点を、回転の中心といいます。特に、 図形を180°回転させる回転移動を、点対称移動というので覚えておきましょう。

  • 対応する2点は、回転の中心からの距離が等しい。
  • 図形のどの点も、回転の中心の回りに等しい角度だけ回転する。

対称移動

図形を、ある直線を折り目として折り返した位置に移す移動を、対称移動 といいます。このとき、折り目とした直線を、対称の軸といいます。

  • 対応する2点を結ぶ線分は、対称の軸によって垂直に2等分される。

直線図形

  • 線分…まっすぎに限りなくのびている直線といい、その一部のでその両端のあるものです。
    2点間の距離…2点A,Bをつなぐ線のうち。もっとも短い線分ABのの長さ。
  • 垂直…2直線AB、CDが交わってできる角が直角であるとき。ABとCDは垂直であるといい、AB⊥CDと表します。
  • 平行…2直線AB、CDが交わらないとき、ABとCDは平行であるといい、AB//CDと表します。

以上が、中1数学の「図形の移動」のまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る