中学歴史「新明治政府の外交・岩倉使節団の派遣」まとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「新明治政府の外交・岩倉使節団の派遣」まとめです。明治政府は、新しい国際関係を築くため外交をすすめます。それでは、中学歴史の「新明治政府の外交・岩倉使節団の派遣」のまとめをみていきましょう。

岩倉使節団 各外交と条約のまとめ

明治新政府は、江戸幕府が結んだ不平等条約改正の交渉と欧米諸国の国情視察のため、1871年10月、岩倉具視を全権大使とし, 大久保利通・木戸孝充・伊藤博文らを副使とする使節団を、アメリカ合衆国やヨーロッパ諸国に派遣した。この岩倉使節団には団員約50名(政府有力者のほぼ半分が参加)のほか、津田梅子(のちに女子英学塾を設立)ら女子5名をふくむ約60名の留学生が加わっていた。条約改正の予備交渉は成功しなかったが、使節団一行は、もっぱら、欧米各国の政治制度や議会のようす、工場・学校・病院などの近代的施設を視察し、日本の国力を充実させ、近代化する必要性を痛感して帰国した(1873年9月)。

  • 沖縄県の設置…1879年、軍事力を背景に、琉球の人々の反対を抑え、沖縄県を設置する。(琉球処分)
  • 清との外交…1871年、対等な立場で日清修好条約を結ぶ。
スポンサーリンク

朝鮮との外交

  • 征韓論…武力で朝鮮に開国を迫ろうという主張。
  • 日朝修好条規…1876年に結んだ朝鮮に不利な条約。

欧米との外交

  • 樺太・千島交換条約…1875年ロシアと結ぶ。
  • 小笠原諸島…1876年に日本の領有が決定。
  • 千島列島・小笠原諸島・沖縄を領土として国境が確定する。

自由民権運動

政府への不満から士族の反乱や自由民権運動が起こった。

  • 西南戦争…1877年西郷隆盛を中心とした鹿児島の士族らがおこした反乱。徴兵制による政府軍に鎮圧された。
  • 自由民権運動…議会政治の実現を目指す運動。
  • 民選議員設立の建白書…1874年に板垣退助らが政府に提出した国会の開設を求める意見書。
  • 国会期成同盟…1880年民権派の代表が大阪で結成。
  • 国会開設の整備…政府が10年後に国会を開くこと約束。

政党の結成

  • 自由党…1881年板垣退助を党首として結成。
  • 立憲改進党…1882年大隈重信を党首として結成。

西南戦争後、政府に対する批判は武力による反乱から言論によるものへと変化した。

大日本帝国憲法

日本がアジアで最初に立憲国家になった。

  • 内閣制度…1885年創設。初代内閣総理大臣は伊藤博文
    確認高校入試やテストで出る歴史上の人物の練習問題
  • 大日本帝国憲法…1889年発布。君主権の強いドイツ(プロイセン)の憲法を手本とする。
  • 教育勅語…1890年発布。忠君愛国の道徳が示された。

帝国議会

  • 貴族院と衆議院を置く二院制を採用。
  • 第1回衆議院議員選挙…選挙権は直接国税15円以上納める満25歳以上の男子に与えられた。憲法のもとで国民が政治参加する道が開かれた。

問題を解く

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク