中学歴史「明治維新のポイントまとめ」

中学歴史「明治維新のポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

明治新政府の概要

明治維新は、新政府の改革とそれに伴う社会の動き。政治の基本方針として、五箇条の御誓文を出した。江戸幕府を倒して新政府が樹立され、日本を近代国家にするために、さまざまな改革が実施された。この政治変革と、それにともなう社会の変化を明治維新とよんでいる。天皇を主権者とする政権として諸外国に認められた新政府は、1868年、政治の基本方針を示した五箇条の御誓文を出した。これは、天皇が公家や大名を率いて神にちかうという形をとった。このなかでは、世論の尊重、国民の一致協力、人心の一新 旧制度の改革、先進文明を取り入れることなどが述べられている。

中央集権国家の確立

新政府はまた、五箇条の御誓文を出した翌日に5枚の立て札を立て(五傍の掲示)、国民の守るべきこととして、殺人・放火・盗みの禁止、キリスト教の禁止などを示し、江戸幕府の政策を引きつぐことを示した。ついで、1868年7月に江戸を東京と改め、9月に年号を慶応から明治とし、翌年、首都を京都から東京に移して、新しい政治を進めていった。

  • 五箇条の御誓文…新しい政治方針を示す。
  • 版籍奉還…1869年大名に土地と人民を政府に返させた。
  • 廃藩置県…1867年に藩を廃止して、府県を置き、中央から府知事・県令を派遣して治めさせた。中央集権国家の確立へ。
  • 藩閥政治…倒幕に活躍した公家や薩摩・長州・土佐・肥前の4藩の出身者たちが政府の実権を握った。
  • 身分制度の廃止…皇族以外全て平等であるとした。
  • 解放令…差別されていた身分・職業を平民と同じとする布告。江戸時代の封建的な政治や身分の制度が廃止された。

コメント

テキストのコピーはできません。