高校入試対策・面接「面接の種類と形式」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策・面接「面接の種類と形式」について記述しています。面接の形式としては、個別面接が主流であるようですが、集団形式での面接もあります。そのあたりについて、詳しく記述しています。

面接の種類と形式

志望校の形式を前もって調べておく必要があります。。 面接試験の方法(形式)としては、おもなものに個別面接、集団面接、保護者面接の3 種類があります。それぞれの方法の特徴を知っておきましょう。それとともに、繰り返しになりますが、自分の志望校はどの方法で行われるのか、前もって調べておかなければならないことは言うまでもありません。

スポンサーリンク

個別面接

受験生一人と面接官(高校の先生)の間で行われる面接のことです。この場合、面接官の人数は一人の時も複数の時もあります。多くの高校では個別面接を採用しています。また、面接官が複数のときは、発問している先生を見るようにし、答えるときは、その発問した先生向けて解答するようにしましょう。

集団面接

集団面接はグループ面接ともよばれ、一度に複数の受験生と面接をして審査する試験のことです。ただし、この方法でもあくまでも面接官と受験生一人ひとりとの対話で進められ、受験生どうしが会話することはありません。また,。対応のしかたも個別面接と同じと考えてかまいません。 集団面接のばあい、全員に同じ質問が投げかけられることがほとんどのため、自分の回答内容が、他の受験生と同じ場合があります。その場合は、「前の人と同じで、前の人と似ていますが…」などと一言添えるかたちで、自分なりの回答をすれば問題ありません。

保護者面接

基本的には個別面接と同じですが、受験生本人のほかに保護者も参加して行われる形式です。これは、私立小学校で多くみられる形式であり、高校受験では、そこまで多くありません。「親を見れば子がわかる」と言われることがありますが、保護者への質問をすることで受験生の日頃の様子などを知ろうとしています。この形式では、受験生と保護者が 席するケース(同伴面接)のほかに。別々に行うケースもありま

あわせて確認

以上が、高校入試対策・面接「面接の種類と形式」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク