高校入試対策・面接「なぜ面接試験があるの?どういうもの?」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策・面接「なぜ面接試験があるの?」について記述しています。なぜ面接試験があるのとかといえば、受験生の本当の姿を見抜くためと一言でいえます。その詳しく記述しています。それでは、高校入試対策・面接「なぜ面接試験があるの?どういうもの?」です。

面接試験

面接試験とは、面接官(高校の先生)が受験生に対してさまざまな質問をする試験の方法です。もちろん、受験の時に提出する各種の書類や調査書などもチェックされますが、それらの書類だけでは見抜けない受験生の特徴も多くあるはずです。そこで受験生と直接会い、質問に対する受け答えなどを通して受験生の本当の姿を見抜こうとするのが面接試験なのです。もちろん質問に対する答えの中身だけではありません。

スポンサーリンク

外見や態度

面接試験にのぞんでいる時の表情や態度なども含めて、「この受験生は我が校に入学させてよいかどうか」を見抜こうとしています。でうsので、受験生側としては、「高校がどういう受験生を求めているのか:を知り、自分がそういう人物であることを表現しているころになります。もちろん、そこにウソがあってはいけません。すぐに見抜かれます。

ふさわしい人物

高校側はどういう人をほしがっているのでしょうか。

1.入学意欲の高い受験生

面接官は、真剣に志望している受験生を合格させたいと思っています。そのため「この高校に入学しなければならない」という理由を、自信を持ってはっきりと説明できる受験生ほど高く評価されます。面接の時の質問で最も多いのは志望理論に関するものですが、 これはその現れといえます。
参考高校入試対策・面接「よくある質問と回答の仕方」

2.能力の高い受験生

高校側は、できるだけ能力の高い受験生を合格させたいと思っています。中学校での成績がよければ、それだけ高い学力を持っていることがわかります。また、能力は学力だけではありません。部活動での実績のほか、生徒会・委員会・ボランティアなどの活動への参加状況なども、受験生の能力の高さを見る材料になります。そのため面接では。れらの活動内容をたずね,よりくわしいことを聞き出そうとします。

3.優れた人間性を持つ受験生

高校側は、入学した人にできるだけよい学習環境(学校環境)を提供したいと思っています。多くの人が学ぶ場所ですから、その環境を乱すおそれのある人を入学させたいとは思わないのです。わざわざ面接試験を行うのは、このことを見極めるためだと言ってもいい過ぎではありません。つまり、面接試験を行うのは、その高校がしっかりとした人間はを持った受験生の入学を望んでいるという姿勢の現れなのです。

まとめ

  1. 面接試験とは、面接官が受験生に質問をする形式の試験である
  2. 「入学への意欲」「能力」「人間性」が高い受験生が評価される
  3. 自分が「入学させたい受験生である」ことを演出するのが合格への近道

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク