高校入試対策・面接「いい身だしなみと姿勢の作り方」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策・面接「いい身だしなみと姿勢の作り方」についてまとめています。

いい身だしなみ

面接官、試験場に入室する瞬間からあなたのことを見ています。この時、まず最初に目に入るのは、身だしなみです。身だしなみが整っていれば、「中学校の校則を守れているな。」「しっかりとした受験生だ。」などと好印象を持ってもらえるでしょう。逆に、乱れた服装や髪型など、身だしなみが整っていないと悪印象を与えてしまいます。面接官に好印象を持ってもらえるように、身だしなみを整えることを意識しましょう。

身だしなみを整える時のポイント

次の3つにまとめられます。

スポンサーリンク

清潔感を保つこと

あくまでも中学生らしい清潔さが大切。髪や爪を整える。ひげを剃る。 肩に落ちたフケを取る。といったささいなことにも気をつけると、与える印象が大きく変わります。茶髪に染める。 化粧をする。眉を剃る。などといったことは、言語道断です。

制服を正しく着ること

面接には中学校指定の制服で臨むこと。その時、校則に従った制服の着方をしましょう。高校側は、校則をはじめ与えられたルールをしっかり守れる受験生を高く評価 します。また、制服やワイシャツにアイロンをかけるなどして、制服をていねいに着ていることも大切です。
中学校で制服が決められていない時は、派手な色や形でない「中学生らしさ」が感じられるものを選びましょう。

細かいところまで気を配ること

靴を磨いておく。爪先の汚れを取り除いておく。靴下もずれたはき方をしないなど、細かいことにも気を配りましょう。面接官はそういった細かいところまで目を光らせています。細かいところまで注意が行き届いていると、「この受験生はつねに身だしなみには気をつけているな」と高い評価が得られます。

姿勢に気をつける

美しい姿勢は好印象を与える。 面接官に与える印象を大きく左右するものに姿勢があります。本人が気がついていない 悪い姿勢は悪印象を与えますので、正しい姿勢の保ち方を知って、日頃から練習しておきましょう。

  • 頭を傾けない…頭を傾けると面接官に不安定な印象を与えます。
  • 背筋を伸ばす…背筋を伸ばし、緊張感を保った姿勢を心がけます。頭のてっぺんを上から引っ張られているようにイメージするとよいでしょう。
  • 手先や足先まで意識する…指先をまっすぐに保ったり、両足のかかとをつけたり、片足だけに重心がかからないようにしたりするなど、手の先や足の先まで意識しましょう。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る