中1理科の「密度」の求め方・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

密度の練習問題についてです。学習のポイントは、公式を覚え、それを使った計算問題までおさえることです。密度は、物質により決まっているので、その物体の密度を調べることによってどんな物質でできているかがわかります。密度が大きいものは重いですので下の方に行き、密度が軽いものは上へ行きます。それでは、中1理科の「密度」の求め方・練習問題です。

密度の求め方

  • 密度[g/cm³]=質量[g]÷体積[cm³]

<例>
質量が100gで体積が50cm³の物体があれば、その物質の密度は、
100g ÷ 50cm³ = 2.0g/cm³になります。

スポンサーリンク

密度の性質

  • 物質1cm³あたりの質量
  • 単位はg/cm³ ※気体の場合はg/L
  • 密度は物質により決まっている
  • 密度が大きいものは下、小さいものは上に移動する

密度の計算パターン

  • 質量[g]と体積[cm³]から密度[g/cm³]を求める
  • 密度[g/cm³]と体積[cm³]から質量[g]を求める
  • 密度[g/cm³]と質量[g]から体積[cm³]を求める

密度の練習問題

次の問いに答えよ。ただし、(   )には適語を入れよ。

  1. 物質1cm3あたりの質量のことを(    )という。
  2. 水は1g/cm3である。この値よりも大きい物質は水の中に入れた場合は(    )。
  3. 物質の質量は温度が変化すると、「変わる」か「変わらない」のどちらか。
  4. 物質の体積は温度が変化すると、「変わる」か「変わらない」のどちらか。
  5. 物質の密度は温度が変化すると、「変わる」か「変わらない」のどちらか。
  6. 同じ物質の場合、液体と気体では、どちらの密度が大きいか。
  7. 水と氷では、どちらの密度が大きいか。
  8. 水に浮く物質は、水よりも密度が、「大きい」か「小さい」のどちらか。
  9. 質量が54gで体積が20cm3の、物質の密度を求めよ。
  10. 測定した値と正しい値との差を何というか。

解答

  1. 密度
  2. 沈む
  3. 変わらない
  4. 変わる
  5. 変わる
  6. 液体
  7. 小さい
  8. 2.7g/cm3
  9. 誤差

密度の計算問題

  1. 密度は普通、物質何cm³あたりの質量で表すか。
  2. 密度が1.0g/cm³の液体と2.0g/cm³の液体を混ぜると、下に行くのはどちらか。
  3. 質量200gで体積が50cm³の物体の密度を単位ととともに答えよ。
  4. 密度が2.5g/cm³で体積が20cm³の物体の質量は何gか。
  5. 密度が2.5g/cm³で質量が20gの物体の体積は何cm³か。

解答

  1. 1cm³
  2. 2.0g/cm³の液体
  3. 4.0g/cm³
  4. 50g
  5. 8.0cm³
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク