▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中学歴史「奈良時代の一問一答」

スポンサーリンク

奈良時代に関する一問一答

次の問いに答えよ。ただし、(    )には、適語を入れよ。

1.聖徳太子は(    )天皇の摂政として、蘇我氏とともに改革を行った。

2.十七条憲法は、(    )の心構えを示したものです。

3.聖徳太子は、(    )らを遣隋使として中国に送った。

4.701年に唐の法律にならってつくられたのは、(    )である。

5.農民が口分田を収穫量に応じて稲をおさめる税を(    )という。

6.710年には、(    )の平城京に都が移った。

7.(    )天皇のころに栄えた文化は天平文化という。

8.753年に来日した唐の僧である鑑真は、日本の仏教のしくみを整え、(    )寺を建てた。

9.女性や幼少の天皇のかわりに政治を行った地位を何というか。

10.聖徳太子が役人の心構えを示すために定めた条文を何というか。

11.現存する世界最古の木造建築で、聖徳太子が建てたとされる寺は何ですか。

12.天智天皇の死後、その跡継ぎをめぐっておこった争いを何というか。

13.聖武天皇の愛用品などがおさめられている東大寺の建物を何というか。

14.奈良時代に、さまざまな身分の人々の歌を集めてつくられた和歌集を何というか。

15.743年に出された新しく開墾した土地の永久私有を認めた法律を何というか。

奈良時代の一問一答解答

1.推古

2.役人

3.小野妹子

4.大宝律令

701年、文武天皇のとき、中臣鎌足の子である藤原不比等らが編纂した法典。

5.租

6.奈良

7.聖武

仏教の力で世の中の不安をしずめ、国を治めようと考えた。

8.唐招堤

鑑真が奈良に開く。

9.摂政

10.十七条の憲法

11.法隆寺

12.壬申の乱

13.正倉院

14.万葉集

わが国最初の和歌集。天皇や貴族の歌だけでなく、農民や女性、防人などの兵士たちの歌も多く載せられた。

15.墾田永年私財法

確認中学歴史「奈良時代のポイントまとめ」

コメント