中1理科の「根のつくりとはたらき」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「根のつくりとはたらき」についてまとめています。根のつくりのポイントは、根の先端近くには無数の根毛がはえていることです。そのあたりについても記述しています。それでは、中1理科の「根のつくりとはたらき」のまとめです。

根のつくり

根は植物体を支え、地中から水や養分を吸収する。根の形は、双子葉類と単子葉類の2つの形に分けられる。

スポンサーリンク

双子葉類と単子葉類の比較

双子葉類では、主根も側根もともに成長を続けるが、単子葉類では、主根は早めに成長をやめ、ひげ根を生じる。 根には標毛・成長点・根冠があり、内部には維管束がある。

根の維管束

根の維管束では、 師管と道管が互いちがいに放射状に並び, 双子葉類では、その間に形成層が波形にはさまっている。道管と師管は、茎にはいるといっしょになり集まって維管束をつくる。

太く成長する根では、波形をした形成層のうち。師管に接する部分がはたらき、はじめ外側に師管、内側に道管をつくり、やがて形成層がつながって輪状になる。 地中では温度変化が少ないから、根は成長しても、ほとんど年輪はできない。単子葉類の根は、形成層がないので 太くならない。

根の成長点

根の縦断面を見ると、先端に近いところに 小さな細胞がぎっしりならんだ部分がある。ここを成長点という。この部分では、細胞分裂がさかんで、新しい小形の細胞がどんどんつくられる。

根はどの部分も同じようにのびるのではなく、成長点よりやや上の部分だけが長さを増す。この部分は、成長点でつくられた小形の細胞が大きくなるところである。

根冠

根の最先端部分。根冠の細胞は、大形で、細胞膜は厚く、外側の細胞がはがれ落ちるにつれて、内側からたえず新しい細胞がつくられる。根が土の中にのびるとき、内側のやわらかい細胞を守る役めをする。

根毛

根の先端に近い若い組織の表皮細胞が変形したもので、細い毛(毛)のような器である。根毛は1個の細胞からできていて、他の表皮細胞との境めには隔膜はあるが、根毛の細胞の中には隔膜はない。また、根毛は細胞分裂をしないから、全体としていつも1つの細胞である。根毛の細胞の核は、多くの場合、突起部のほうへ移っている。

まとめ

  • 主根と側根は、茎から直接のびた太い根を主根、手根から出る細い根を側根といいます。(例)アブラナ、ヒマワリ、タンポポ、ナズナ
  • ひげ根は、茎の根もとから広がるたくさんの細い根。(例)ツユクサ、スズメノカタビラ、イネ、ヒヤシンス
  • 根毛は、根の先端近くにある。細い毛のようなつくりです。根毛によって、土にふれる面積が大きくなり、水や水に溶けた無機養分が効率よく吸収されます。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る