中学公民「新しい人権と国際人権条約の定期テスト過去問分析問題」

中学公民「新しい人権と国際人権条約の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

新しい人権と国際人権条約の定期テスト過去問分析問題

次の資料を見て、あとの問いに答えなさい。

A 新しい人権
・( ⑪ )権…良好な( ① )を求める権利
a知る権利…( ② )を受け取る権利
・( ③ )の権利…個人の私生活について公開されない権利

B おもな国際人権条約

採択年宣言・条約日本の批准年
1948b世界人権宣言
1965人種差別撤廃条約1995
1966(X)1979
1979(Y)差別撤廃条約1985
1989子どもの権利条約1994

(1)資料A中の①~③にあてはまる語句を、下から選んでそれぞれ記号で書きなさい。
ア:バリアフリー イ:情報 ウ:プライバシー エ:環境

(2)資料A中の①権が提唱された背景と目的を、次のア~ウから選びなさい。
ア 国民が主権者として、積極的に政治に参加できるため。
イ 高度経済成長期に起こった、公害や生活環境の悪化を防ぐため。
ウ 情報社会の急速な発展で、個人情報が容易に流出することを防ぐため。

(3)下線部bを条約の形で拘束するためにつくられたXは何ですか。

(4)1993年、環境保全のために制定された法律を何といいますか。

(5)「知る権利」に対して、行政が保有する情報を開示する制度を何といいますか。

(6)ドナーカードは、個人が臓器提供の意思を記したカードです。このように、個人が自分の生き方などについて、自由に決定する権利を何といいますか。

(7)世界平和や人権問題などについて、おもに国際間で活動する民間組織の略称をアルファベット3字で書きなさい。

新しい人権と国際人権条約の定期テスト過去問分析問題の解答

(1)①エ ②イ ③ウ
(2)イ
(3)国際人権規約
(4)環境基本法
(5)情報公開制度
(6)自己決定権
(7)NGO

コメント

テキストのコピーはできません。