中学地理「日本の姿のポイントまとめ」

「日本の各地の気候区分と地理的特色」についてのまとめています。日本は、山地・山脈・川の特徴、それから気候の区分についてまとめています。それでは、中学地理の「日本の各地の気候区分と地理的特色」についてみていきましょう。最後には、練習問題があるので、しっかり演習を重ねて覚えていきましょう。

スポンサーリンク

日本の地理的特徴

東日本は、南北。西日本は東西に山地・山脈が連なります。

  • 山地・丘陵…環太平洋造山帯に属し、陸地の約4分の3を占める。
  • 日本の屋根…本州の中央部、飛騨・木曽・赤石山脈は、日本アルプスと呼ばれる。
  • 海岸…砂浜海岸・岩石海岸、リアス式海岸は、海岸線が複雑。

海洋

日本は四方の海に囲まれる。

  • 日本の近海…太平洋側に日本海溝、東シナ海に大陸棚。
  • 海流…暖流の黒潮(日本海流)、対馬海流。寒流の親潮(千島海流)、リマン海流が流れる。

暖流と寒流がぶつかる潮目は、豊かな漁場となる。

日本の川・平地

日本の川は、短くて急流。平地は、国土の約4分の1。人口の大部分が集まる。

  • 川…流域面積が狭い。日本での最長の川は信濃川。
  • 平地と盆地…海に面した平野、山地に囲まれた盆地。
  • 扇状地…川が運んできた土砂が堆積してできた扇形の地形。
  • 三角州…川が運んできた細かい土砂が河口に堆積。
  • 台地…低地より一段高いところに広がる平地。

日本の気候

  • 日本の大部分は、温帯に属し、四季がはっきりしている。日本の大部分は温帯湿潤気候。
  • 季節風(モンスーン)…夏は南東、冬は北西の風が吹く。
  • 梅雨…本州以南で6月から7月にかけて雨が多い。
  • 台風…熱帯低気圧の一種。秋から夏から秋にかけて発生。

気候区分

  • 北海道の気候…冷帯の気候。冬の気温が低い。
  • 太平洋側の気候…冬に晴天が続く。
  • 日本海側の気候…北西の季節の影響で冬に雪が多い。
  • 中央高地の気候…高地は冷帯に近い。気温差が大きい。
  • 瀬戸内の気候…夏の降水量は少ない。
  • 南西諸島の気候…亜熱帯気候。一年中高温多雨。

自然災害

地震に伴う津波は大きな被害をもたらす.

  • 大地震…ゆれによる家・町の崩壊。津波など。
  • 火山の噴火…火山灰・溶岩・火砕流の発生。
  • 気象災害…集中豪雨による河川の氾濫、山崩れ。土砂災害や台風による高潮、冷害、干害など

コメント

テキストのコピーはできません。