中学地理の「新潟県で覚えておくべきこと」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学地理の「新潟県で覚えておくべきこと」のまとめです。新潟県は、気候と観光(産業 豪雪に見舞われるが、スキー客など観光客が多いです。また、日本有数の米どころで、魚沼産のコシヒカリが有名です。そして、数少ない産油県であり。米を原料とした菓子や清酒づくりも行っている県です。このあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学地理の「新潟県で覚えておくべきこと」のまとめです。

新潟

新潟県は日本海側の気候に属するため、冬は積雪量が多い。とくに内陸部は豪雪に見舞 われ、雪かきや雪下ろしなどの重労働が人々の負担となる。そのいっぽうで、スキー場が多いため、たくさんのスキー客が訪れるという恩恵も受けている。上越新幹線と関越自動車道が開通してからは、首都圏からのスキー客が増えた。

スポンサーリンク

自然と農業

新潟県には, 日本最長の信濃川が流れ、阿賀野川とともに越後平野を形成している。この越後平野を中心とする県内の平野部では稲作がたいへんさかんで、米の収穫量は全 国1,2を争うほどである。とくに魚沼市と南魚沼市周辺 は昼と夜の気温差の大きさや、土壌の良さにめぐまれているため、この地域でつくられる魚沼産コシヒカリは、日本で最もおいしい米の一つとの評価を得ている。
確認高校入試やテストに出る「世界の地形(山脈・川など)」のポイント・練習問題

  • 日本の稲作…平野を中心に栽培。機械化が進み、兼業農家が増加。新潟県など大規模の経営を目指す動きもある。

このように稲作がさかんな新潟県だが、冬は豪雪に見舞われて裏作ができないため、畑作はあまりさかんではない。そんななか、新潟市の新津地区では、新潟県の県花となっているチューリップの球根づくりがさかんに行われている。

鉱工業

天然資源にめぐまれない日本にあって、新潟県は原油と天然ガスを産出する数少ない県である。原油と天然ガスの 生産量は全国一だが、生産量自体は少ない。

工業は、米菓子や切り餅、清酒といった米を原料とした。米どころならではの食料品づくりがさかんである。ほかにも、鍛治の技術から発展した態市の金属洋食器づくりや、三条市の金物づくりも新潟県を代表する工業である。
確認中学公民の「公害の種類と環境保全対策」のまとめ

その他の県

以上が、中学地理の「新潟県で覚えておくべきこと」のまとめとなります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク