中学歴史「日清戦争のポイントまとめ」

中学歴史「日清戦争のポイントまとめ」です。1876年に日朝修好条規を結んだのち、日本の商人らが朝鮮半島にわたって、米や大豆を安く買い入れ、日本の綿製品を大量に売ったりしたため、朝鮮国内では食料が不足するなど、経済が混乱した。そのうえ、重税でなどで人々は、苦しい生活を送っていました。そんな状況の中で起こるのが、日清戦争です。

スポンサーリンク

日清戦争

日清戦争は、朝鮮半島をめぐる日本と清が戦争を開始。1890年甲午農民戦争をきっかけに始まった朝鮮をめぐる日本と清の戦争。結果は、日本が勝利し、下関条約を結ぶ。

  • 甲午農民戦争…東学(民間信仰をもとにした朝鮮の宗教)を信仰する人々を中心とする農民が朝鮮戦闘南部一体で蜂起。政治改革や外国人の排除を目指しました。
  • 三国干渉…ロシア・ドイツ・フランスが日本が下関条約で獲得した遼東半島を清に返還するように勧告し、日本は要求に従った。清が衰え、日本や欧米諸国に分割された。
  • 八幡製鉄所…賠償金で日本の重化学工業張の発展の基礎を気づいた官営の八幡製鉄所も、建設された。

下関条約

日清戦争の講和条約。台湾を統治した日本は、台湾総督府を設置して。植民地化を進める。

清は、

  • 遼東半島台湾・澎湖諸島を日本にゆずる。
  • 賠償金として、2億両(約3億円)を日本にゆずる。
  • 不平等な内容の通商条約を日本と結ぶ。

コメント

テキストのコピーはできません。