中学歴史の「織田信長の統一と政治」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「織田信長の統一と政治」についてまとめています。織田信長は有力な戦国大名を破って、全国統一を進めます。全国統一後は、織田信長は、安土城下に楽市令を出して商工業の発展をはかりました。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学歴史の「織田信長の統一と政治」のまとめです。

織田信長の統一

16世紀の中ごろ、戦いに勝ち残った有力な戦国大名は、京都にのぼって天皇や将軍の権威をたよりに全国を統一しようとしていた。織田信長の本拠地である尾張(愛知県)は 京都に近く、豊かな濃尾平野があり、京都にのぼるためのめぐまれた条件がそろっていた。

スポンサーリンク

桶狭間の戦い

1560年、信長は桶狭間の戦いで駿河(静岡県)の今川義元を破り、1568年に京都にのぼって足利義昭(あしかがよしあき)を室町幕府の第15代将軍につけた。しかし、両者の対立がしだいに深まり、1573年には足利義昭を追放して室町幕府を滅ぼした。織田信長は、1567年ごろから「天下布武(てんかふぶ)」の印を用いて、武力による天下統一の意思を示していた。

姉川の戦い

信長は1570年に、姉川の戦いで近江(滋賀県)の浅井長政と越前(福井県)の朝倉義景(あさくらよしかげ)を破り、1571年には、浅井・朝倉氏に味方した比叡山延暦寺を焼き討ちにして仏教勢力を屈服させた。

長篠の戦い

徳川家康と同盟を結んだ信長は、1575年に、三河(愛知県)の長篠の戦いで、足軽鉄砲隊を組織して大量の鉄砲を使い、騎馬隊を中心とする甲斐(山梨県)の武田勝頼の軍勢を打ち破った。

本能寺の変

1576年には安土城に移り全国統一の本拠地としたが、1582年に、家臣の明智光秀にそむかれて京都の本能寺で自害した。

織田信長の政治

織田信長は、基本的な政策として、積極的に商工業を保護し、富国強兵策をおし進めた。

  1. 各地に設けられていた関所は、人や物資・軍隊の移動などをさまたげていたため、廃止して交通の便をはかった。
  2. だれでも自由に商売ができるようにするため、安土城下では、新興の商工業者を集めて市場の税を免除し、営業を独占していた座の特権を廃止した。商工業をさかんにするためのこの政策を楽市令(楽市楽座)という。
  3. 領内 の検地を行って、土地の面積や収穫量を家臣や名主(有力な農民)に自己申告させた。これを指出(さしだし)という。
  4. 統一事業をさまたげる寺院などの古い勢力をおさえ、貿易の利益を得るためにキリスト教を保護した。
  5. 周囲に堀をつくり武力をもって信長に対抗していた堺(大阪府)も屈服させ、自治権をうばって直轄地とした。

強い勢力をもち武装して織田信長とするどく対立していた一向一揆を破り、浄土真宗(一向宗)の拠点の石山(大阪)本願寺を10年にわたる戦いのすえに降伏させた。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク