中学地理「日本の農業のポイントまとめ」

中学地理「日本の農業のポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

日本の農業の概要

日本の農業は、世界に比べて小規模な自作農のが中心。若い就業者が減少し、高齢化の進展と高齢者が不足。

稲作

河川にそった盆地や平野を中心に栽培。機械化が進み、兼業農家が増加。新潟県など大規模の経営を目指す動きもある。

  • 自主流通米…農家が自由に作った米に、自由に値段をつけて売ることができる。
  • ブランド米…産地名、品種名、銘柄などがついたコメの事。あきたこまち、コシヒカリ、ササニシキなど。

畑作

  • 近郊農業…新鮮野菜などを都市へ出荷。千葉県、茨城県など大都市に近い地域で発達。
  • 促成栽培…温暖な気候を利用した野菜などの出荷時期を早める。高知県、宮崎県で発達。
  • 抑制栽培…冷涼な気候を利用した野菜などの出荷時期を遅くする。長野県、岩手県などで発達。
  • 施設園芸農業…温室ビニールハウスを利用した野菜・果実などを出荷時期をずらして栽培する。

果樹栽培

扇状地や台地、緩やかな斜面を中心に栽培。りんごは東日本、みかんは西日本、ぶどうは、中央日本が中心。

畜産

北海道、南九州、関東地方で盛ん。北海道で酪農、宮崎県・鹿児島県では、企業による大規模な経営。

日本の農業の問題点

  • 自給自足率の低下…農産物の輸入自由化により、農産物の輸入が増加し食料自給率が大幅に低下。
  • 新たな取り組み…農産物の品質や安全性を高める。地元で生産し、地元で消費する地産地消の動きが広がる。

コメント

テキストのコピーはできません。