高校入試対策社会「日本の農業に関する対策問題」

高校入試対策社会「日本の農業に関する対策問題」です。

スポンサーリンク

日本の農業に関する対策問題

表は、A国とB国の1haあたりの穀物の収穫量、農業従事者の1人あたりの農地面積、耕地1haあたりの肥料消費量を示したものです。A国の穀物栽培がB国とくらべ、国際競争で不利になる理由を簡潔に説明せよ。
農業問題

日本の農業に関する対策問題の解説

ポイントは、それぞれ挙げられている項目を比較することです。

  • 1haあたりの穀物の収穫量…ほとんど同じ
  • 農業従事者の1人あたりの農地面積…圧倒的にB国が広い。(想像すると、大型の機械(トラクター)などで、少ない人(人件費)で一気に収穫している。)
  • 耕地1haあたりの肥料消費量…A国が3倍。

つまり、A国は、1人あたりの農地面積は狭いにも関わらず、多くの肥料を使い、収穫量はほとんど同じ。このことは、国際競争で不利になる。

日本の農業に関する対策問題の解答

1人あたりの農地面積は狭いにも関わらず、多くの肥料を使っているが、収穫量はほとんど同じなので。

コメント

テキストのコピーはできません。