中学地理「日本の林業のポイントまとめ」

中学地理「日本の林業のポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

日本の林業の概要

木材の輸入増加により林業は大きな打撃。日本の林業の特色は、針葉樹林が建築材と使用され、林業の盛んな地域全国広がったか、1960年代後半から木材輸入が増加し、林業は衰えた。

  • 日本の林業の特色…針葉樹林が建築材として使用され、林業の盛んな地域が全国に広がったが、1960年代後半から輸入木材が増加し、林業はおとろえた。
  • 日本の林業の課題…近年、森林の重要性が見直され、地元の木材を使うことが奨励されている。

森林の種類

  • 国有林…国が所有する森林。森林面積の約30%を占める。北日本、東日本に多い。
  • 私有林…個人または民間が所有する森林。近畿地方に多いのが特徴。
  • 人工林…原野や自然伐採の後、植林した森林。もともとの生態系を崩すおそれがある。

木材を輸入に頼る日本

1960年代後半から国産の木材より海外の木材の方が安いだめ輸入が急増。日本の木材自給率は、25%前後となっています。

  • 木材の輸入先…カナダ、アメリカ、ロシアなど。冷帯や熱帯の気候帯で栽培された木材が多い。
  • 林業の衰退…安価な輸入木材に打撃を受け、林業に従事する人が減少。

コメント

  1. […] 中学地理の「日本の農業・林業・漁業」のまとめ・練習問題 […]

テキストのコピーはできません。