中学地理の「沖縄県で覚えておくべきこと」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学地理の「沖縄県で覚えておくべきこと」についてまとめています。沖縄県では、温暖な気候を生かしたさとうきびなどの栽培がさかんです。また、琉球王国時代の遺跡と美しい海を生かした観光業がさかんです。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学地理の「沖縄県で覚えておくべきこと」のまとめです。

沖縄県

沖縄県は日本の最西端に位置し、亜熱帯の気候に属しているため、年間を通して温暖な気候である。この温暖な気候を生かし、ほかの県ではほとんどみられない農作物が栽培されている。なかでも古くから栽培されているさとうきびやパイナップルは、県の重要な農作物となっている。ともに台風や干害(干ば つ)といった自然災害に強く、台風の被害や水不足が多い沖縄県には適した農作物である。
確認中学地理の「日本の各地の気候区分と地理的特色」のまとめ・練習問題

収穫量はともに全国一で, パイナップルは全国の収穫量のほぼ100%をしめる。しか し,近年は後継者不足や海外から安いさとうきび, パイナ ップルの輸入が増えているため、収穫量が減っている。そ のため,それらにかわってゴーヤー(にがうり)やマンゴー, 電照菊などの栽培が増え, 農業の多様化が進んでいる。

スポンサーリンク

産業

沖縄県では、かつてはアメリカ軍基地に関わる仕事をする 人が多く、アメリカ軍基地に依存した産業形態であった。しかし、近年は歴史や自然を生かした観光業が中心となっている。沖縄県はかつて、琉球王国という独立国で、日本やアジア諸国との中継貿易で繁栄した。

琉球王国

琉球王国は、1609年に薩摩藩に征服され、きびしい監督下におかれました。薩摩藩は独立した王国と見せかけ、中国(明・ 清)との貿易を続けさせた。琉球王国は、幕府の将軍や琉球国王が代わるごとに使節(慶賀使・謝恩使)を送ってきました。
確認中学歴史の「鎖国下での外国との政策」のまとめ

遺産

県内には、琉球王国時代の遺跡など、たくさんの歴史的建造物が残っており、多くの観光客が訪れている。首里城はその代表格で、周 辺の城(グスク)とともに世界遺産に登録されている。こうした琉球王国時代の文化にひかれて沖縄県を訪れる人も多い。沖縄県は温暖な気候と美しい海に囲まれているため, リゾート地としても観光業が発達している。県中北部な どには多くのリゾートホテルが並び、観光開発が進んでい る。しかし、こうした開発によって、さんご礁の美しい海 が破壊される問題がおこったため、さんご礁を守りつつ、観光資源としていかす環境保全の活動が行われている。

沖縄の伝統文化

琉球王国以来の独自の文化が残る。亜熱帯の気候とさんご礁が特徴です。沖縄では、15世紀前半に成立した琉球王国が明治時代になるまで続き、本土と異なる歴史を歩み、独自の文化が発達した。

三味線に似た三線の伴奏による島唄やゴーヤーなどを使ったチャンプルーという郷土料理は、 全国的に人気を集めている。伝統的工芸品には、琉球びんがた、芭蕉布、壺屋焼(つぼややき)などがある。 沖縄は台風の通り道にあたるため、赤瓦をしっくいで固め、まわりをさんごの石垣で囲んんだ伝統的な家が見られる。亜熱帯の気候とさんご礁の海など豊かな自然にめぐまれ、世度文化遺産(文化遺産)の琉球王国時代の遺跡とともに多くの観光客を集めている。
参考中学社会の「伝統文化」のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク