中学地理「オセアニア州のポイントまとめ」

中学地理の「オセアニア(オーストラリアなど)」についての総まとめについてです。オセアニアはオーストラリア大陸やニュージーランドと多くの島からなります。それでは、中学地理の「オセアニア(オーストラリアなど)」についての総まとめをみていきましょう。最後には、練習問題がついているので、そこまでしっかりやりとげましょう。日本とは季節が逆であること、日本との貿易関係などをおさえておきましょう。

オセアニア州

  • 区分…オーストリア大陸、ミクロネシア、メラネシア、ポリネシア。
  • 自然…ミクロネシア、ポリネシアのほとんどがサンゴ礁や火山島。火山や地震が多い。太平洋のほとんどの島は熱帯。温暖化による海面の上昇で水没する危険のある島がある。
  • 歴史…オーストラリアとニュージーランドはイギリスの植民地から独立。
  • 民族…オーストラリアの先住民アボリジニ。ニュージーランドの先住民はマオリ。現在は多くの民族が共有し尊重し合う多文化社会となっている。
スポンサーリンク

オーストラリア州の気候

  • 自然…オーストリア大陸とタスマニア島からなり、面積は日本の約20倍。東部にグレートディバイディング山脈、中央部にグレートアーテジアン(大鑽井)盆地。中央部から西部にかけては、グレートビクトリア砂漠などの砂漠が広がる。
  • 気候…東部と南西部の温帯、北部の熱帯を除き、国分の約4分の3を乾燥帯が占めている。オーストラリアは、日本のほぼ真南に位置の南半球にあるため季節は逆。

オーストラリアの農業

  • 牧洋…降水量が少ない地域。堀り抜き井戸を利用。
  • 牧牛…比較的降水量が多い地域。
  • 酪農…温暖湿潤気候で人口が多い南東部。
  • 小麦と羊を組み合わせた農業…降水量の多い地域。
  • さとうきび…高温多雨の北東部の海岸地域。オーストラリア自然環境に合わせて農牧業を行っている。

オーストラリアの鉱業

  • 鉱業の特色…鉱床が地表の近くにあるため露天掘り。
  • 石炭…グレートディバイディング山脈の東側で多く産出。
  • 鉄鉱石…西部のビルバラ地区とその周辺で産出。
  • ボーキサイト…南西部と北部で算出。
  • 鉛・亜鉛・銅…主に内陸部で算出

日本は石炭・鉄鉱石をオーストラリアから最も多く輸入。

確認中学地理「オセアニア州に関する一問一答」

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



コメント

  1. […] 中学地理の「オセアニア州」で覚えておくべきことまとめ […]

トップへ戻る