中学理科「音の一問一答」

中学理科「音の一問一答」です。

スポンサーリンク

音の一問一答の問題

次の問いに答えよ。(    )には適語入れよ。

(1)音は、音の大きさ、音の高さ、音色の3つの要素で表すことができる、これを何というか。

(2)音の高さは、(    )が多いほど、音は高い。

(3)弦を強くはじくと、(    )音になる。

(4)音と低くするには、弦を(    )くする・弦を太くする・弦を弱く張るのいずれかである。

(5)振動して音を発生しているものを何というか。

(6)音の伝わり方は、(    )が振動して伝わる

(7)音は、気体、液体、固体では、どの状態が早く伝わるか。

(8)自ら音を出している物体を何というか。

(9)振動が次々と伝わる現象を何というか。

(10)音が伝わらないのは、どんな状態にあるときか。

(11)音は1秒間にどれくらいの距離を進むか。

(12)同じ高さの音を出す音さを2つ並べて、一方を鳴らすと、もう一方も鳴り始める。この現象を何をいうか。

(13)音源の振幅が大きいほど、音はどうなるか。

(14)振動数とは、何の回数か。

(15)音源の振動数が多いほど、音はどうなるか。

(16)振動数の単位は、カタカナで何か。

(17)振動数の単位は、アルファベットでどう書くか。

(18)均質な鋼をU字型にまげて、中央に柄をつけてものを何というか。

(19)音の大小や高低を、波形で表す装置を何というか。

(20)音源が近づくときは音が高くなり、音源が遠ざかるときは音が低くなる現象を何というか。

音の一問一答の解答

(1)音の三要素

(2)振動する回数(振動数)

(3)大きい

(4)長

(5)音源

(6)空気

(7)気体

(8)音源

(9)波

(10)真空中

(11)340m

(12)共鳴

(13)音が大きくなる

(14)1秒間に振動する回数

(15)音が高くなる

(16)ヘルツ

(17)Hz

(18)音さ

(19)オシロスコープ

(20)ドップラー効果

■ 確認
高い音は、振動数が多く、波長が短い。低い音は、振動数は少なく、波長が長い。
大きい音は、振幅が大きく、小さい音は、振幅が小さい。

コメント

テキストのコピーはできません。