▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中1理科「音に関する練習問題」

スポンサーリンク

音に関する練習問題

問1 音さの音をコンピュータに入力し、音の大小と高低について調べた。最初に、音さをたたいて鳴らしたところ、コンピュータの画面には、次の図のように表示された。画面の横軸は時間を表し、縦軸は振動の幅を表しているものとして、次の問いに答えなさい。
音問題1

(1)この音さを、最初よりのも大きな音で鳴らしたとはとき、画面にはどのように。表示されるか。次のアからウから選びなさい。
音問題2

(2)この音さより高い音が出る音さを、最初と同じ大きさの音で鳴らしたとき、画面にはどのように表示されるか。(1)の図のアからウから選びなさい。

(3)この場所では、花火の光が見えてから3秒後に音が聞こえた。この場所は、花火が開いた場所からどのくらいはなれているか。ただし、空気中を音が伝わる速さを340m/sとする。

問2 次の問題について解け。

  1. 振幅とは、何の幅か。
  2. 音源の振幅が大きいほど、音はどうなるか。
  3. 振動数とは、何の回数か。
  4. 音源の振動数が多いほど、音はどうなるか。
  5. 振動数の単位は、カタカナで何か。

音に関する練習問題解答

(1)イ

コンピュータの画面では、波の高さが振幅を表している。波の高さが高いほど、大きな音を表す。

(2)ア

コンピュータの画面では、波の数が多いほど、高い音を表す。
音の性質波の高さが高いほど振幅が大きく、波の数が多いほ振動数が多い

(3)1020m

距離(m) = 340[m/s] ×時間[s]より、340 m/s×3s=1020m。光の速さは音に比べてひじょうに速いので、花火が開いてしばらくしてから音がとどく

問2

  1. 振動
  2. 音が大きくなる
  3. 1秒間に振動する回数
  4. 音が高くなる
  5. ヘルツ

関連➊中1理科「音の性質の学習ポイント」
関連➋中1理科「音の高さと振動数の関係」

コメント