中学公民「消費者の権利と保護のポイントまとめ」

中学公民の「消費生活・消費者の保護PL法など」についてのまとめです。背かつの経済活動を中心にみていきます。それでは、「消費生活・消費者の保護PL法など」についてみてみましょう。

消費生活

お金を出して受け取るもののうち、目に見える形のあるもの(衣服・食料など)を財、何かをしてもらうこと(映画・バスなど)をサービス
をいいます。家計は、家族や個人として消費生活を営む単位です。

スポンサーリンク

家計の収入(所得)

  • 給与所得…会社などに勤めて得られる給料、賃金。
  • 事業所得…個人で農業や商店などを営んで得られる収入。
  • 財産所得…土地や建物を貸して得られる地代や家賃、株式・預貯金から得られる収入。

貯蓄は、将来の支出に備えるためのもので、銀行預金や生命保険料の支払い。一般に収入(所得)からと消費支出とその他の支出を差し引いた残額です。かしこい消費生活がもとめられ、収入をもとに、予算を立て、計画性を持った合理的な選択を行うことが必要です。とくに、クレジットカードによる支払いなどで大幅に上回る買い物などに注意です。

家計の支出

  • 消費支出…食料費・住居費・教育費・光熱費など。消費支出にしめる食料費の割合をエンゲル係数といいます。⇒この数値が低くなるほど、生活は楽なものと考えられます。
  • 非消費支出…税金・社会保険料など。
  • 貯蓄…将来の支出にそなえてとっておくもの。銀行預金・郵便貯金など。

消費者の権利と保護

消費者の権利と保護(中学公民)
アメリカのケネディ大統領が消費者の4つの権利を明確にしました。「安全を求める権利」「知らされる権利」「選択する権利」「意見を反映させる権利」

  • 消費者基本法…消費者の利益を守る法律。
  • 製造物責任法(PL法)1994年に制定された消費者が商品の欠陥により被害を受けた場合、生産者の過失を証明しなくても救済を受けられるようにした法律
  • クーリング・オフ訪問販売・キャッチセールスなどで商品を購入した後、一定期間内であれば契約を解除できる制度

問題中学公民「消費者の権利と保護の練習問題」

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る