中学公民「内閣のはたらきのポイントまとめ」

中学公民の「内閣(行政)のはたらき」についてまとめています。国会の仕事と区別しながら、内閣の仕事や役割について学習していきましょう。

スポンサーリンク

内閣とは

内閣は、内閣総理大臣と国務大臣からなります。国会が決めた法律や予算に基づいて政治を行うことを行政といい、憲法第65条には「行政権は、内閣に属する。」とある。内閣は最高の行政機関として、他の行政機関を指揮・監督している。内閣は、内閣総理大臣とその他の国務大臣で構成される。

内閣総理大臣

内閣総理大臣は、文民で国会議員であり、国会の指名に基づいて、天皇が任命する。内閣総理大臣は、国務大臣のほか、副大臣大臣政務官を任命または罷免(やめさせること)する。また、閣議を開いてその議長となるほか、内閣を代表して議案を国会に提出する。国務大臣(内閣総理大臣以外の大臣)は、内閣総理大臣によって任命され、罷免される。任命は天皇の認証が必要で、その過半数は国会議員で、しかも文民でなければならない。国務大臣は、各省の長と特命担当大臣からなる。

スポンサーリンク

内閣の仕事

  1. 法律を実行する
  2. 条約を結ぶなどの外交の仕事
  3. 予算案や法律案をつくり国会に提出する
  4. 政令を定める
  5. 最高裁判所の長官を指名、その他の裁判官を任命
  6. 天皇の国事行為に助言と承認をあたえる

コメント

テキストのコピーはできません。